最新記事

2012年7月28日

バンコク シェムリアップ アンコールワット バス 行き方 陸路 国境越え 観光ガイド1

バンコクからシェムリアップへの行き方とシェムリアップ観光手引き1

(引用、リンクフリー。丸ごとコピペ転載禁止) 

keywords:アンコールワット, カオサンバス, VIPバス, カンボジア, シェムリアップ, バンコク, ポイペト, 国境, アランヤプラテート, 観光コース, 安宿, ゲストハウス

更新履歴 (随時、継続執筆中)


 メールで何件か頂いた質問について回答した内容も付け加えて書き直しました。
御参考になった方は他の方のためにも「いいね!」ボタンやツイートをしていただけると幸いです。
情報に誤りや付け加えるべき情報がございましたら、お手数ですがご連絡くださいませ。


2013/07/17 追記
バンコク発シェムリアップ行き国際直通バス情報まとめを別記事に新しく書きました。
http://hogehoga.blogspot.jp/2013/07/blog-post_17.html

2013/02/28追記
シェムリアップ、アンコールワット観光料金相場などは別記事へ移動しました。
http://hogehoga.blogspot.com/2013/02/blog-post_3.html

2013/02/20追記
飛行機、国境越え、ポイペト情報、カンボジア直通の国際バスなど。全ての情報精査と書き直し。


バンコクからアンコールワットがあるシェムリアップへの行き方について簡単に紹介すると、

1、カオサンバスともよばれるツアーバス
2、タイ国境までカジノバス、国境を越えて、バスor乗合タクシー
3、タイ国境まで鉄道or長距離バス、国境を越えて、バスor乗合タクシー
4、飛行機
5、シェムリアップ行き国際直通バス  2013年2月21日運行開始!! 詳細は別記事

追記:バンコク発シェムリアップ行き国際直通バス 運行開始まとめ
http://hogehoga.blogspot.jp/2013/02/blog-post_27.html


などある。この他にも行き方は無数にあるが、とりあえず、上に挙げた例が定番。
飛行機でシェムリアップへ行く場合、あらかじめ泊まる宿を予約しておくと、「空港までトゥクトゥク送迎サービス」をやっているところがほとんどです。条件によっては無料送迎の場合がありますので、ホテルまたはゲストハウスへお問い合せ下さい。


ここではバンコクから陸路での国境越え方法についてまとめます。


アンコールワットへ陸路で行こう!


はじめに、、、

箇条書き(誤字脱字ご愛嬌で)
  • 最低料金で行く方法ではありません。時間に余裕が無い人、主にフラッシュパッカー向け。
  • カオサンバスは移動がラクですが、たくさんの罠が待ち受けてます。分かっておけばさほど問題なし。
  • 長距離バスは移動回数が多いので時間ロスする可能性がありますが、注意点を守れば安全にいけます


陸路移動はラク?苦痛?


 現在は、悪路で名高かったカンボジア側つまりポイペトからシェムリアップまでの道路がめちゃくちゃ綺麗になったため、移動が速くなりました。
昔は、バンコクを早朝に出てシェムリアップに夜中についていたのですが、
今は夕方前には着くことも可能です。

そう、バンコクからチェンマイへ行くより、国境越えてシェムリアップへ行く方が早いのです!

悪名高きポイペトーシェムリアップ間の悪路は何処へ笑。
2000年代後半からバッチリと多くの区間がアスファルト舗装されたみたいですね。
電波少年でやってたころの舗装とは雲泥の差です。

昔を1としたら、今は100倍ラクですね。

陸路移動をするにあたって、簡単にまとめると…
私がお勧めする手段は、日本でカンボジアビザを取得しておく。
バンコクから、とりあえず1や3などのバスでタイ国境まで行く
そして国境を越えて、カンボジア側ポイペトの町外れの新バスターミナルからそのへんにいる旅行者4人集めてタクシー(カムリ)をシェアする方法です。
タイム・イズ・マネーをベースに考えるとコストパフォーマンスは一番良いと思います。


2013年1月追記:
最近、ポイペトからの乗り合いタクシーが高騰(ぼったくり)してるようです!
場合によっては利用しないほうがいいかもしれません。
今相場は1人あたり12USD(海外の旅情報サイトの多くが記述)ですが、15USD(1台60USD)に上がったという情報も見つけました。ちょっと15USDは高すぎる。経済発展による物価上昇もあるのでしょうが、カモれそうな客にはかなり強気でくるようです。wikitravelにもoffensive 48USDという単語があります。

ポイペト情報@ウィキトラベル 
http://wikitravel.org/en/Poipet


2013年2月追記:
今年から、新しく5の手段が開通。
結論的に言えば、この手段は万人におすすめできる陸路国境越え最良の手段です。
詳しくは新しい記事の、
2月21日運行開始!!バンコク発シェムリアップ行き国際直通バス
を御覧ください。

さらに追記:バンコク発シェムリアップ行き国際直通バス 運行開始まとめ
http://hogehoga.blogspot.jp/2013/02/blog-post_27.html

バンコクから

選択肢
  1. 北バスターミナルに当日早朝に行って、自分で長距離バスを手配する。
  2. カオサンでシェムリアップまでのチケットを買う。
     旅行者向けテーマパークのカオサン通りに無数にある旅行代理店で上記1のような国境越えのバスチケットを前日までに予約する。(値段はいろいろあるみたいですが、とりあえず400Bくらい)カオサンバスの場合、出発日の早朝に泊まってるホテルorゲストハウス前までツアーバス会社の人が迎えに来てくれるので、あとは言われるままに動けば国境まで連れていってくれます。

例えば飛行機が深夜便など何かしらの理由でバスチケットが予約で買えなかった場合、どうしても翌日にシェムリアップへ行きたい場合は当日に北バスターミナルなどへ行って長距離バスチケットを購入する、カジノバスで国境へ。カジノバスはルンピニー公園などから早朝~午前中の時間帯に出ており、なんといっても安い。カジノバスに関してはここでは詳しく紹介しませんのでググって下さい。バンナーのBIGC前からも出てる。

Appendix:
北バスターミナル(モーチット・マイ・バスターミナル)
モーチット・マイ発アランヤプラテート行き 所要時間約4時間弱 (3時半~18時まで頻発)
バスのグレードで数十バーツをケチって安バスで行くと遅いし疲れる可能性有り。
貧乏旅行でなければ、少し多く払って無難にエアコンVIPバスです。
北バスターミナルまで行くのにもお金がかかるので、それをどう捉えるか。

東バスターミナル (エカマイ・バスターミナル)
エカマイ発サケオ行き (上述のモーチットからと比較すると本数少ない)
終点サケオから、アランヤプラテート行きに乗換必要。
エカマイはスクンビットの先にあるので、BTS(スカイトレイン)沿線宿泊者は超行きやすい

飛行機 (バンコク-シェムリアップ間)
カンボジア・アンコールエアー
http://www.cambodiaangkorair.com/en/home.aspx
バンコク ・ エアウェイズ
http://www.bangkokair.com/eng


*カオサンとは、
世界中から”出会いを求めた”チャラい旅行者の場所です。バックパッカーの聖地と昔は呼ばれてましたが、今は聖地の名乗るのが恥ずかしいくらいの単なる多国籍観光テーマパーク通り。昔に比べると衣食住楽あらゆる面でそんなに安くなく、交通も地味に不便。しかし、世界中からの旅行者が多いのでビール飲みながら友達作りやナンパ目的なら楽しいところだと思います。夜になると、通りは酔っぱらいの旅行者だらけです。世界中に人たちとノミニケーションするならここですね夜のカオサンは観光スポットなので、カオサン以外の宿泊者も1度は雰囲気を楽しみに遊びに行きましょう。予約しなくても宿は沢山ある。まあ、昔と違って、目的が無ければ行く価値は無いところに様変わりしました。 「初めてのバックパック一人旅で、タイに行ったんだぜ!」と一人旅に興味が無い人に自慢したい方は滞在してみる価値はあると思います。 いわゆるバックパッカーしたいんだったら、この場所からさっさと卒業することを私は薦めます…。


 カオサン発のバスで国境へ来た場合


アライバルビザ取得のため、国境の前のこじんまりとした事務所でバスを下車
  そこは、ツアーと結託しているビザ代行会社です。そこでビザを取得します。アライバルビザ取得用紙に必要事項を埋めて、証明写真(サイズはぶっちゃけるとテキトーで良いが、無難に4✕3cmを用意しましょう。)を添付して提出します。代行業者によるビザ代は1,000~1,200Bくらい。ちなみに、カンボジアのアライバルビザは800Bなのでここでボラれてることが分かります。業者によって価格変動があるので、ボラれたくないのであれば前もって日本でビザを取っておくこと。あまりにもぼったくりが酷い場合は、ツアーバスをここで終了して自力で国境へ向かいましょう。ビザはカンボジア政府のビザ取得事務所で取ることができます。代行業者では、証明写真を持っていなくてもビザは取れますが、+200Bくらいさらに取られることを念頭に入れておきましょう。日本で撮っても同じ金額くらいするので高額。明らかにボラれてますが、証明写真の値段はほぼ同等なので考え様によっては有りです(一番はバンコクで安く撮っておく)。用紙の書き方が分からない人や英語が苦手な人はガイドブックなどを参考に記入してください。ビザを既に取得されてる方は、ビザを業者の人にドヤ顔で見せて下さい笑。彼らの荒稼ぎポイントはビザ代行とタクシー斡旋ですので、初めの罠を回避できます。


・ビザ取得後、国境まで移動して、さあタイ出国。
  掴んだカモは離さない! とばかりに、ビザ代行業者でビザを取得した場合、優しい誘導員(後でチップを要求してくるカンボジア公務員ギャング)がいますので、その人に付いて行けば国境を越えることができます。この間はお金は取られません。

モーチット、エカマイから長距離バスで国境へ来た場合


・トゥクトゥク(60B)やソンテウ(15-20B)などに乗って国境へ。客引きは一切無視。
ビザ取得代行業者を一切無視して、タイ国境を出国する。子供のスリに注意。
・緩衝地帯にあるカンボジア政府ビザ取得事務所(ポイペト地図の黄色5)へ直行する。
・用紙に記入してビザを取得。ビザを既に持っている人はそのまま入国審査へ。
・外国人の列に並んでカンボジア入国審査を受ける。
・カンボジア入国。


Appendix:
カンボジア観光オンラインビザ(eビザ) カンボジア大使館。日本語有り。
オンライン申請書に必要事項を記入し、クレジットカードで決済するだけで申請完了。
発行されたビザをメールで受け取り印刷し、カンボジアへのご旅行の際にご携帯ください。
シングルエントリー30日間:25USD (システム処理料込) USD:米ドル
*オンラインで取得できて便利かつ高額にボラれる心配もない。

■国境で取得できるアライバルビザ正式料金
観光ビザ: 800B or 20USD(+100B)




国境越え(タイ出国、カンボジア入国)



多くの人が心配してるであろう、タイ-カンボジア国境やポイペトの簡易地図

・タイを出国したら、真っ直ぐ歩いていけばカンボジアの入国管理事務所があります。
途中入国審査がありますが彼らもやる気がないのでサクッと通過できます。ハローサンキューでOK。 

国境を越える旅行者がたくさんいますし、ベルトコンベアのような人混みの流れがありますので、出入国の手順はすぐに分かると思います。何の心配もいりません。マレーシアやシンガポールのバックパッカー(近年徐々に増えてきました。)と話したんですが、彼らはビザ無し入国できるのですね!ってか、中国人韓国人多いわ。

カジノで遊ぶ??
ポイペトのカジノへ行きたい方は、そのままカジノホテル方面へ歩く。 (ポイペト地図の青色エリア)
ツアーバスで来た人は、誘導員に「カジノへ行く」と告げてグループを離脱して下さい。
時間に余裕がある方は寄っていくと良いです。ホテル1泊1000Bくらいから。



ポイペト(カンボジア側)

長距離バスで来た人も、ここから選択肢は一緒です。

選択肢
  1. 国境を越えると、先ほどの誘導員が同じバスできた人たちを集めて、町外れの観光客向け新バスターミナル(カジノ以外で唯一の観光スポット笑)へシャトルバスで連れて行ってくれます。この間の移動も無料です。他の旅行者も利用できますので列に待ちましょう。(ポイペト地図のバス3)
  2. 長距離バスでシェムリアップを目指す人は誘導員を無視して、バスターミナル2の方向へ歩いて向かいましょう(下記のAppendix参照)。大通りを真っ直ぐ歩きながら周囲をキョロキョロしていればバス会社の事務所を見つけることができます。
  3. 国境を出て、直ぐに3~4人くらい人が集まりそう(集めることができたら)だったら、1へ行かずに流しのタクシーを手配する手段もあります。白タクだと30USDくらいが相場です。ただし、白タクだとドライバーの見極めが超重要です。(下記のAppendix参照)
ポイペトは喧騒としていて治安はあまりよくありませんが、大通りは人目がたくさんなので安全だと思います。尚、国境での両替はレートが悪かったりちょろまかされたりするのでしない方がいいです。 日本やバンコクであらかじめUSDを50ドル~くらい用意しておくと良いです。カンボジアでの支払いは基本的にUSDです。



旅行者向け新バスターミナル
誘導員に連れられてミニバスで町外れの新バスターミナルに着いたら下車します。新バスターミナルといっても、ものすごく殺風景です。飲食も高いので購入しないこと。受付カウンタを見ると、ぼろぼろのローカルバス(9USD)が用意されてますが接続が悪く無駄に待たされます。カオサンのツアーバスだと、このバス料金も含まれているハズなのですが、相手は公務員ヤクザなので「カネ払え!」と要求してきます。まあバス移動だと鈍行なので時間に余裕が無い人にはおすすめしません。そもそも9USDなんてぼったくり価格ですし笑。時は金なり。どうしてもバスで行きたい方は「ツアーバス料金に含まれているだろ!旅行会社に電話するぞ!」とあの手この手で脅しながら交渉して下さい。ということで、まとめると一択、 時短で行きたい人は迷わずカムリと呼ぶ乗合タクシーでシェムリアップまで目指しましょう。ここでの交渉が最後の罠でありコイツらの荒稼ぎポイント。

1、ツーリストバス
何にもすることがない広い敷地のバスターミナルで、発車時間まで数時間のんびり待ちましょう。この遅いバスに乗るくらいなら、バスターミナル2のバスの方が安いし10倍マシです。

2、乗り合いタクシー
・カムリと呼ばれるタクシー1台おおよそ40USDをタクシー移動を希望する旅行者最大4人でシェアすることになります。私の時は40USDでしたが、相場はマチマチなのでさらに交渉しだいでは安く行けるor高くなる場合もあります。バスターミナルにいる旅行者に声をかけて4人集めれば1人10USD程度で行けます。
・あとはカムリでシェムリアップへひとっ飛び。日が明るいうちに着くことができるでしょう。途中、ガソリン給油休憩があります。のんびり待ちましょう。


* この乗り合いタクシー交渉をいかに時間かけずにできるかが早く着くポイント

注意1:
4人集まらずに少ない人数でタクシーをシェアすることになると高額になるので、まずはとにかくここで、素早く旅行者に声かけて定員4人集めないといけません。それからやっと交渉テーブルです。できるだけ強面のガイジンを仲間につけましょう笑。他に日本人旅行者がいれば声かけやすいですが、肌色や年齢や性別なんか気にしてオドオドしてるとグループからもれる可能性があります。


注意2:
* 最近の相場は1人12USDだそうですが、その日の売上や客をみて1人15USDくらいまでふっかけてくるようです。つまり1台60USDに!!私は1人10USDでした。

* 交渉した金額を支払い、カムリに乗り込みます。この時、誘導員にチップを要求されます。何にもサポートして貰った覚えが無ければ無視。もしくは、少額を渡しましょう。残った数十バーツで十分。ドルでもOKだそうです笑。「少ない!」と舌打ちでキレられますが、カオサンバスで着た場合は、すでに散々ぼったくってるのでニコッと笑って無視しましょう。



Appendix:
バスでポイペトからシェムリアップやプノンペンなどカンボジア各地へ行くなら、ポイペト地図のバスターミナル2へ、国境から歩いて目指しましょう。シェムリアップまでは、5~6USD程度です。4人でタクシー1台をシェアしたときの金額から更に半額。さらにバスのクオリティも悪くありません。一番安く行きたい方はバス一択。カジノホテル宿泊者は前日にポイペト散策も兼ねて予約しに行くと良いです。

白タク(非政府系タクシー)でシェムリアップを目指す方法もあります。国境を出て歩いてるとタクシー乗り場を見つけることができます。国境を越えた時点で既に同伴者が数人いる(国境で集めることができた)人は、白タクが一番速く安くいけます。ドライバー数人に値段を聞いて交渉して値切りましょう。白タクは1台30USD程度と安いですが、一応、ドライバーによっては事件に巻き込まれる可能性も否定出来ませんので、ここではあえて選択肢として載せてませんでした。が、最近、新バスターミナルからのタクシーが過剰にぼったくってるということでこちらの手段も考えて良いと思います。
利用するときは、しっかりドライバーを見極めてください。


余談ですが、舗装によってクルマやバスがホッピングする凸凹道や崩れかけの橋が無くなってしまって少し寂しい気分にもなります。通行できず立ち往生してたら日が暮れてしまい、街灯がないあたり一面真っ暗世界で絶望の中見た溢れんばかりの満点の星空は未だに忘れられません。しかしながら、こういった感情は私達のエゴ極まりないですが。


video

ポイペト-シェムリアップの悪路(2005年頃)
到着頃には腰痛になるという、もうこんな道ありません。
85年製韓国中古ミニバスに足場が無いくらいセメント袋山積み(運搬でここでも小銭稼ぎ)…
アトラクションとしては二度と乗車するかと思うくらい最高に楽しかったのに笑。
ツーリストをターゲットにした悪徳業者のバスはコレです。



シェムリアップ到着


・シェムリアップへついたらどうするか。おそらく良くわからない (タクシー待合所またはバスステーションともいえないような) 場所で降ろされるでしょう。そして初めての方だと土地勘も無いと思いますで、大きな荷物もありますし、こういう時は無難に流しのバイタクor2人以上ならトゥクトゥクに乗って宿泊先に連れて行ってもらうこと。普通のドライバーは1USD払えば喜んで連れてってくれると思います(この感覚は超重要です。カンボジアにおける1USDの力です)。

今から観光に行かないか?or明日観光に行かないか?とドライバーに誘われてもとりあえずはお断りでOK。宿でゆっくりした後、夕方から夜は晩御飯食べたり、町中を観光して物価を把握しましょう。現在地(ホテル)を地図で確認すること。


とりあえず、流れのイメージはこんな感じ。陸路も簡単。



シェムリアップについて(次の記事へ)



あまりにも記事が長くなってしまったので、
シェムリアップ、アンコールワット観光や料金相場などの情報を別の記事に分割しました。
かなり真面目に書いたので御覧くださいませ。

情報としては、
観光料金の他に、ぼったくりに遭わない方法、治安面、ATM、
シェムリアップからバンコクへの戻り方など。


クリック↓

バンコクからシェムリアップへの行き方とシェムリアップ観光…続く




定番の旅行ガイドブック
カンボジアの予備知識があると訪れたときの体験も数倍豊かになります。 

定番ガイドブック


カンボジアやアンコールワットの知識を深めるための本。その他読み物など。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...