最新記事

2012年11月10日

NEC LaVie G type Z を快適に使う ( タッチパッド 改善)

NEC Ultrabook LaVie G type Z を快適に使う


次の関連記事
Lavie G type Z (Win7) 使用感 2か月後


購入して数日が経ちました。
Lavie Zの軽さは本当に素晴らしいものです。
これだけでも某林檎ノートから買い換えた成果がでています。
出来るオッサン臭のモバイルPCレッツノート、イケメンVaioZに張り合える。


とりあえず、購入してから数日の間に私がやったこと、買った物まとめです。


第1章 LaVie Zを購入してから、追加購入したもの
第2章 LaVie Zの最悪なタッチパッドをどうにかする!!どうにかなる!
(意見には個人差があります)

第1章 LaVie Zを購入してから、追加購入したもの


1. SDXCカード 64GB
2. DVD/CDドライブ
3. HDMI to VGA(D-Sub15 pins)変換ケーブル


1. まずは、SDXCカードです。

そもそも私が買ったLaVie ZはSSD128GBモデルなので正直にいうと容量に不安がありました。まあモバイル用途(セカンドPC)なので大きく気にしなかったといえばそうですが笑。
容量不足はポータブル2.5inchHDD(2.5インチは5V駆動なのでUSBポートから理論的には電力供給できます。実際は電流不足になる可能性も。)でカバーするつもりですが、 この LaVie Z にはSDXCカードのポートが標準でついてますしかもむき出しで!
これを有効に使わない訳がないということで、外付けメモリとして64GBのSDXCカードを購入しました。  もちろん、ポートにフタをするという理由も兼ねてます。
これで容量が一気に増えました。

ちなみに購入したSDXCはアマゾンで一番安かったHanyeTechという謎ブランドの「SDXC 64GB クラス10」です笑。3000円と格安ですが、ちゃんと動作しました。
もちろん有名ブランドのSDXC64GBも5000円前後であってそこまで高く無いので、心配な方は十分に検討する価値あると思います。


↑購入            

ちゃんと 約62GB 認識してくれました。

値段から考えたら十分。あとは耐久性ですかね。
ちなみに、30GBのデータはBeatportなどオンラインで購入した音楽ファイルです。これで容量を気にせずに外に持ちだしてPCDJできるようになりました。LaVie Zでは、NI Traktor 2 proも問題なくサクサク動きます。


2. 次に、DVD/CDドライブです。

DVD/CDドライブを買った理由の1つは、リカバリディスク作成です。
コンピュータのデファクトスタンダードを作っているAppleのデスクトップiMacですらディスクドライブを捨てる時代なので、ディスクドライブなんて1家に1台あれば十分だと思います。CDは化石。とは言っても、遺跡の壁画が残っているように、やっぱり大切なデータをいろんな手段で2重3重に分けて保存しておくことにこしたことはありません。話を戻すと、買ったものは、これもアマゾンでそこそこ安かったBUFFALOのコンパクトなポータブルDVDドライブです。 ちなみに、Blu-rayモデルは用途も含めて特に興味が無いので買いませんでした。Blu-rayで映画など見る人は高くなりますがそれを買ってもいいかもしれません。バスタイプのものを。

ちなみに、これに決めた理由は、レビューにLaVie Zでの動作報告があったからです。
DVD/CDドライブは電力供給不足で動作しない場合がありますので購入の際は十分に注意してください。電力供給を補うバスタイプを購入すると安全です。一番は動作報告が挙がっているものですが。


↑購入            

ちなみに、やはり電力供給問題からUSB2ポート(つまり全ポート)使わないと動作しませんor不安定です。私の場合は常に付けっぱなしというわけでは無いので全く問題ないですが、ご注意を。これでリカバリディスクを作成しました。1層DVDRでは4枚必要です。



3. 最後に、HDMIからVGA(D-Sub15 pins)に映像信号を変換するケーブルです。

このLaVie ZにはVGAポートがありません。プレゼンやミーティングなどで必要になってくる方も多くいるかと思います。多くの製品でデジタル化が進んだ現代…しかし、デジタル端子が搭載されているプロジェクター機器ですら未だにVGAが主流で使われてたりしますよね。はやく完全デジタル化してくれ笑。
HDMIからVGAに変換するケーブルでコンパクトのものを探すとAcer製品「Acer Aspire S3シリーズ用 VGA変換ケーブル」に行き着きました。探すと意外といろいろ安いものから高いものまで見つかります。しかし、結局これもLaVie Zで動作報告があったものにしました。変換ケーブルもPCとの相性による影響が大きくて、下手すると動かないということがよくあります。なので、そういう選択です。2重購入とかして無駄にお金を失いたくないですからね。

↑購入        
ACER向け製品なのに、レビュー唯一1件しかもLaVie Zでの動作報告という…
kakaku.comにも貼ってあった下記のレビューも決め手でした。




第2章 LaVie Zの最悪なタッチパッドをどうにかする!!どうにかなる!(意見には個人差があります)


今回のメイン内容。

 前の記事でも書きましたが、LaVie Zのタッチパッドが酷いんです。とにかく誤動作が多くて使いにくい。詳細は前記事を参照して下さい
ネット上にあまたあるLaVie Zのレビューや評価記事(個人サイト/ブログ除く)を読んでも、あまりタッチパッドに関して触れられてません。いくら迎合しなければいけないとはいえ本当に使用してレビューしてるんだろうか。それくらい「?」が付く使用感です。。。
さて、前の記事を要約すると、タッチパッドがクリックボタン一体型なので、クリックするとパッドの沈みにともなってカーソルが動いてしまい、クリックしたい位置でクリックできない。それが非常に辛いです。前記事では、「左クリックはタップ、右クリックは気合みたいなことを書き、結論としては、Macbookみたいに『キー+タップ』で右クリックできないかな??と嘆き散らしたわけです。

「お兄さん、一生懸命、一生懸命捜しました。解決方法見つかりましたよ。」


見つけたときはコレキタでした。これで右クリックの苦痛から開放されました。


TwoFingerScroll (タッチパッド拡張ツール)

もちろん、このユーティリティツールはSynapticsパッド対応です。


公式サイト:
TwoFingerScroll  (英語フォーラム)

TwoFingerScrollのダウンロード先:
http://www.mediafire.com/?g65i8ivgq6aaesx


使い方(設定):
英語ですが、超カンタンです。
ダウンロードした圧縮ファイルを解凍して、ツールを起動させるだけ。
起動すると、システムトレイに「手」のアイコンが出現します。

はじめにタッチパッドの動作設定をします。

システムトレイ上のアイコンを右クリックして、「Settings」を選択すると
下画像のメニューが出現します。
Generalにある「Start with Windows」の項目をチェックマークする。
これでOS起動時にこのツールも自動起動します。
次に、Tappingのタブをクリックすると下画像の項目が出現します。
これです!!
最初はすべてDisableとなってますので、とりあえずどれか1つに右クリック(Right button)をアサインしてあげれば完了。
私の場合は「One + one finger」と「Two fingers」で悩んだのですが、

使ってみて、
ライトボタン「One + one finger」
ミドルボタン「Two fingers」 (もともと指2本でスクロールですので連動性も兼ねて)
に落ち着きました。
追記:「ミドルクリック」はマウスでもほぼ使用しないので、両方共「右クリック」にしました。

ちなみに、「One + one finger」の意味は、どこか1本の指(例えば人差し指)で指定箇所を選択したまま(タップしたまま)、他の指(例えば中指)でポンっとパッドをタップします。「Two fingers」の意味は、2本の指で同時に選択したい指定箇所をタップするだけ。

このツールを使えば、スワイプジェスチャーもできます。


正直、このツールのお陰で、LaVie Zがめちゃくちゃ使い易くなりました。
この機種の致命的な欠陥であったタッチパッドの動作が劇的に改善されますから、ぜひお試し下さい。
私個人的な不満はすべて解消です。おまけで付けてくれた小型Bluetoothマウスが必要無くなったなあ。スマホで使おうかな。

次の関連記事
Lavie G type Z (Win7) 使用感 2か月後




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...