最新記事

2012年12月18日

格安航空券の支払総額内訳、購入の注意点

飛行機のチケットを購入するにあたり知っておかなければいけないことは、
料金内容ですね。お金は大事です。

思いついただけですが、主に

「総支払額」=「航空券代」+「燃油費」+「空港使用料」+「航空保険料」+「手配手数料」 

これに決済方法の手数料なども加わります。
あと、海外旅行保険を一緒に申しこめばさらに増えますね。
したがって、「ソウル行きが1万円~、ヨーロッパ行き航空券が4万円~」
みたいな甘いポップにつられて買うと痛い目に合います。その2万や3万はあくまでも航空券代ですので、プロモーションチケット出ない限り、 長距離空路だと燃油費(サーチャージ)で2倍以上の金額に跳ね上がってしまいます。たけ~。



さて、航空券の内訳が分かったところで、話を本題です。

航空券代:ビジネス、通常、PEX、格安など。料金のベースを決定します。
燃油費:利用する航空会社によって変わってきて、比較的に差ができやすいです。
空港使用料:利用する空港各社が定めた金額で、固定と考えて良いです。 
航空保険料:利用する航空各社が定めた金額で、ほぼ固定と考えて良いです。 
手配手数料:航空券を購入した会社(代理店)へ支払う金額です。

購入するときに初めに考えることをは…、「航空券(+燃油費)」「手配手数料」
これで、ベース金額が定まります。格安航空券じゃない場合でも同様です。

手配手数料は、店頭で申込む場合とオンラインで申し込む場合では金額が変わってきます。 オンラインで航空券を購入する方が手配手数料を安く抑えることができます。店頭での購入は、手配手数料は高くなってしまいますが、その分融通が効く場合もあります。 まあ、相談料も含まれるとして考えましょう。

次に、直行便であるか否か
直行便以外では、「乗り継ぎ時間」「乗り継ぎ回数」など気にしましょう。
超格安航空券の場合、この乗り継ぎが最悪の場合が多いです。

例えば、タイへ中華系の航空会社を利用して行く場合、
「日本」→「上海または北京空港」→「タイ」 という乗り継ぎをします。
タイ航空の直行便ですと、6時間程度で目的地へ到着しますが、
乗り継ぎが悪いと、空港内部で何時間も拘束されることになり、
タイへは翌日到着という場合もあります。

飛行機乗り継ぎに関して言うと、 チケット内容によっては中間国でも入国できる(空港の外へ出れる)場合がありますので、 逆にこの乗り継ぎ時間を利用して、ついでに観光する方法もありますね。

話を戻すと、結局目的地へは1日以上かかってしまって、
往復の移動時間を考えたら旅行どころじゃないですね。
自分の旅程に相談して格安航空券の「程度」を購入しましょう。

最後に、「キャンセル料」
これはよーくチェックしないといけません。
チケット購入の最終確認段階でしか分からない場合がほとんどなので
旅行日程が定まってない人は慎重に判断しましょう。


よく利用するオンライン航空券購入サイト。
以下は個人的な見解を含みます。


スカイゲート by DeNA (株式会社エアーリンク)
http://www.skygate.co.jp/
バリエーションが豊富が使いやすい。なんといっても、手配成功率が高いです。
しかし、キャンセルするとき、他と比べてシビアで取消料が高いです。
へたすると、キャンセル料でチケット分もっていかれます笑

トラベルコちゃん
http://www.tour.ne.jp/w_air/
トラベルコちゃんの利点は、オンラインで航空券を販売している会社の
チケットを一括検索できるメリットがあります。
従いまして、このサイトを利用してインターネットで販売されている
航空券の値段を調べることができます。
航空券購入時に販売元のウェブサイトへ転送されます。
初めはこのサイトで調べると良いでしょう。

格安航空券etour
http://www.etour.co.jp/
イーツアーの利点は、指定日の前後日付検索が簡単。
空き具合や値段などの状態を見るのに適したサイトです。

H.I.S. | 海外旅行(格安航空券)
http://www.his-j.com/
以前はよく利用してたんですが、
今はJTBのような普通の会社になってしまいましたね。無難。
だけど、必要事項を入力して航空券購入決済しようとすると、
「手続き中に満席になりました」
と、 予約できません。 人気路線や格安路線だとよく出ます。
ぶっちゃけ取れないと思ったほうがいいでしょう。でも、アカウント登録は完了してるので、購入可否に関わらずメールマガジンが送られてきます笑。


この程度を抑えておけば良いと思います。


海外のホテル予約は、格安ホテルから高級ホテルまで
少なくとも私は Agoda 一択ですね。

Agoda
http://www.agoda.jp/
Agodaは世界中のホテルをリーズナブルに予約できるサイトです。
ウェブに掲載されている代金には手数料(サービス料)は含まれていませんので
支払総額はウェブ掲載されている価格からちょっぴり高くなると思っておいて下さい。
Agodaは日本語対応してますので、ホテルでトラブルやキャンセルといった問題も日本語で対応してくれます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...