最新記事

2013年2月20日

2013年2月21日運行開始!バンコク発シェムリアップ行き国際直通バス

2013/03/04追記
バンコク発シェムリアップ行き国際直通バス 運行開始まとめ
http://hogehoga.blogspot.com/2013/02/blog-post_27.html





速報! 2013年2月21日 遂に運行開始

Bangkok-Cambodia buses launched @Bangkok Post
http://www.bangkokpost.com/breakingnews/337029/bus-service-to-cambodia-launched

誰も言及していなかった運行延期中を記事にして翌日でした。
タイとカンボジアを結ぶ国際長距離バスサービスが2013年2月21日から正式に運行開始したそうです。
運行はタイ国営トランスポート社。
バンコクからシェムリアップまで7時間、プノンペンまでは11時間で結ぶ国際路線。

シェムリアップ行き
バスターミナル:モーチット
発車時間:9:00
運賃:750B
所要時間:7時間
 シェムリアップ発:8:00

プノンペン行き
バスターミナル:モーチット
発車時間:8:15
運賃:900B
所要時間:11時間
プノンペン発:7:00

2ヶ月遅れでやっと開始!とりあえず無事に船出したようです。 
情報によると、両路線とも1日1本に変更されてます。
情報を精査して後日記事にしようと思います。




バンコク発シェムリアップ行き国際路線  直通バス(乗り換え無し)




昨年暮れにタイ政府観光庁がアナウンスした、とても興味深い記事
http://www.thailandtravel.or.jp/news/detail/?no=835

TTRウィークリー記事より>
バンコク、2012年12月11日:
トランスポート社は、12月29日からバンコク~プノンペン、
バンコク~シェムリアップ間のバスを毎日運行する。

これは、バンコクからシェムリアップへ陸路へ移動していた旅行者には嬉しい情報です。
結論からいいますが、これが陸路で国境越えする手段では一番良いです。
さすがタイ国営公共バスということで、国境乗り換えなどの手間を考えると
このバスは乗り換えなしで行けるので、値段も時間も妥当。
ボッタクリに遭うこともないし、安全、快適バスなので万人におすすめです。
問題は、おそらく人気路線になると思うので、「予約が必要」かもしれません。




さて、問題が…。 12月29日からと書かれていますが、なんと
TTRウィークリーの記事にバス会社の人もしくは内部に詳しい人?がこんなコメントを残しています。
January 25, 2013 at 3:54 pm
Thanks for alerting us. The service has been postponed; hopefully it should start by February. The Transport president said that the problem is on the Cambodian side which concerns license and the buses themselves that need to be as specified and authorised under that country’s regulations.

超訳:
このサービス開始は現在延期されています。
サービス開始は、2月(2013年)までには……
Transport社の社長発表によれば、延期の理由はカンボジア側の様々な許可手続きが難航していること。

つまり、運良ければ2月。東南アジア的に考えれば2月以降か!笑。
いつ開始するんだああああ。
そりゃ、国境ギャング組織と悪徳公務員がつるんでボッタクリ価格でビザ代行ビジネスだのバスやタクシー斡旋など公営的にやってるからな……最悪、国際直通バスは利権[*1] がらみで中止に…なんてならないようにしてほしい笑。


というか、タイ情報系の人気ブログにこの延期について書いている続報記事がない…誤解生むって。
調べれば1月上旬時点でもすぐ分かるのに、12月29日開始と書くだけ書いて自ら調べないのね…。
情報に惑わされてモーチットで国境バス探し難民が発生しないことを願って、一応記事にしました。
早朝6時発だから、超早起きしなければいけないわけだし…そしてやってませんじゃつらい笑。
まあ、上記のコメントが内部の人だったら、コメントじゃなくて公式発表すべきだよね。

ってかもう2月だし笑。


[*1] カンボジアは超絶賄賂国家です。公務員給料は安いのでこういうことをやって稼いでます。そして、高貴な仏教国ですが、政府に近い高僧も邪念(もちろん金銭がらみ)に支配されているので裏では民衆にかなり嫌われてます。カンボジアの小学校は、テストで良い成績を取るためにもテスト毎に先生への賄賂が必要です。さすが、内政も経済も実質中国の従属国だけある笑。そして今、キリスト教が密かにブーム。

シェムリアップ行き国際バスの概要、時刻表など
モーチット・バスターミナル(北バスターミナル)発着 
プラットフォーム 106番

バス会社:タイ国営トランスポート社
バスの種類:38席のエアコンVIPバス
運賃:750B (25USD)
所要時間:約7時間

バンコク発シェムリアップ行き 
発車時間:6:00、16:00
シェムリアップ発バンコク行き
発車時間:6:00、15:00


まとめ


お昼すぎ到着到着する便と深夜に到着する便の2便が用意されている模様。
値段と所要時間のみ言えば、実は自力で国境越え手段の方が安かったり早かったりします。
ボッタクリに遭わず、サクサク進んだ場合の話ですが。
しかし、費用対効果を考えると、自力で国境を越えるメリットは薄れましたね。
大きく値段は変わらないので。

何度も言いますが、問題はバスは38席しかないこと。つまり1日76人。
これは外国人旅行者だけでなく、タイ人、カンボジア人も利用するわけですからかなりの超激戦になることが想定されます。そういう意味で考えると、自力国境越えのメリットはまだ残ってる。自力で国境越えましょう!


まあ、サービス開始してみないとなんともいえない。
しかし、万人にお勧めできる国境バスのサービス。
バスで所要7時間といったら、「チェンマイ」へ行くより早いですよ。
そして待ち受けてるのはあの有名なアンコールワット!こりゃ行くしかないですね。


参考リンク:バンコク-カンボジア(ポイペト国境)陸路国境越え
バンコクからシェムリアップへの行き方とシェムリアップ観光手引き


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...