最新記事

2013年3月9日

Chrome Beta for Android 使ってみた。これは速い。

Androidで提供されている噂のChrome Betaを使ってみた。
第一印象は、速い。読み込みがかなり速い。
他のブラウザとの比較は、他のブラウザを使用していないからわからないけど
現在公開されている最新版Chromeより読み込み速度や表示は速いです。
初速はまだまだ遅いですが。

読み込みが速くなる理由は、データ通信のやりとりをGoogleのサーバを介して行うことによって
Googleのサーバでデータの最適化を行ってページのデータボリュームを圧縮しているそうな。
これって昔DDIポケットもやってたよね。あれは主に画像圧縮(劣化しまくる)がメインだったけど。
昔は32kとか64kの時代だったから、その時のボトルネックは明らかに画像だったけど、今は高速通信は当たり前で高解像度画像に加えていろんなプラグインスクリプトが並列的に動いている時代。。。すごい進化だなあ。
Googleもその手の研究開発は昔からやってて、もうすでに一部実装されてたりするようです。
Googleが開発している技術は、それらを最適化されることによって通信データをごっそり削減できるというもの(と私は理解してますが違う?!)。


さて、難しい話はとりあえず置いといて、Chrome Betaを使ってみました。


Chrome Beta for Android を使ってみた


Beta版でもGoogle Play ストアから直接ダウンロードすることができました。


Chrome for Android

起動と設定
インストールして起動するとこういう画面が出てきます。

ここで、アドレスフォームに「chrome://flags」と打ち込みましょう。

これが実際に起動したオプション画面です。

一番上の項にある「Enable Data Compression Proxy」設定を有効にする。
これによりHTTPデータ通信の最適化が行われます。
セキュア通信の場合は最適化が行われない(グーグルのサーバを経由しない)ので
セキュリティ的にも配慮された設計になっております。

体感速度は実際にご自身で試してみるのが一番だと思いますので、
インストールしてみてください。

参考:
次期HTTPの有力候補に挙げられたSPDY
http://builder.japan.zdnet.com/html-css/35013644/



今なら3000円分クマなくキャッシュバックキャンペーン 5月9日まで

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...