最新記事

2013年3月2日

docomo Optimus LTE L-01D ICS 簡単root化支援プログラム公開


追記 2013/04/07
allinone.bat version 0.2.1 を(ラスト)リリースしました。
最新ファームV20Dのroot化後工程をサポートしました。

前工程(STEP1)、fi01さん配布されているdo-unlock.bat実行してください
後工程(STEP2)、allinone.batのrootメニュー[7]実行して下さい
以上により、2つのバッチファイルを実行するだけでroot化,su等の導入ができます。
L-01Dをまもなく手放すので、これ以上のサポートはできなくなりますがご了承下さい。

前工程ツール
https://twitter.com/fi01_IS01/status/318662197758791681


追記 2013/03/23
allinone.bat version 0.2 をリリースしました。
一部修正を加えております。

最新ファームICS V20Dでは現在root取得することができません
最新ファームアップデートした方はV20Cダウングレードする必要があります



今日は、訳あってL-01Dを4ヶ月ぶりくらいに初期化したのですが、
そのついでに今まで複数に分割されていたroot化に必要なバッチファイルをまとめて、
少し修正を加えて、ワンクリックとまではいきませんが、基本的に自動でrootが取れるようにしました。
一応公開版v0.1で自分の初期化した L-01D docomoオリジナル版ICSからroot取れることを確認しましたバッチプログラム製作過程で何度か自分でもroot取得に失敗した(既知の事象は修正済)のでプログラムによって、もしかしたら文鎮にしてしまう可能性を秘めています。
その場合は自力での復旧が必要です。rootの取得方法や文鎮復旧など、トラブルサポートは以前に残念な人から嫌な思いをしたのでしません。復旧さえ分かっていれば多分このプログラムでも大丈夫だとは思いますが、文鎮が怖い人は手動で確実に工程を進めることを強くお勧めします。
プログラムに関して致命的なミスや問題などがございましたらお手数ですがご連絡くださいませ。公開停止も含めて、早急に対応します。
このroot化支援プログラムでroot取得に成功された方はツイートや[いいね!]ボタンなどで共有して頂けると、成功例として他のユーザーの参考になると思いますのでよろしくおねがいします。でももうroot取得出来て半年くらい経つし、みんなroot取っちゃってるよね…笑。




前準備
必須
念の為に、メールやアプリなど消えて困るデータのバックアップを取る。
*成功すれば問題無しですが、失敗すると復旧(初期化=データ消失)しなければなりません。
PCと接続する前にUSBデバッグモードを有効にしましょう。
設定->開発者向けオプション->USBデバッグをON
PCと「USB接続(LGソフトウエア)」接続
推奨
USBデバッグ項目の下にある「スリープモードにしない」をON
*バッチ実行中、画面消灯による操作ミスを無くすため。

ROOT化
バッチファイルが格納された下記の7z圧縮ファイルを解凍
Rootingバッチ「allinone.bat」をクリックして実行
指示にしたがって、L-01DをPCとUSB接続(あらかじめ接続しておいてもOK)
選択肢を選び、その後、ほぼ自動でroot取得します。



復旧
起動ループに陥った時の簡易復旧はファクトリーリセット(電源+Vol↑)です。
1、スマホからバッテリーを外して強制オフ
2、電源ボタン+ボリューム↑ボタンを押しながら起動
3、ファクトリーリセットモードが起動後、電源ボタンを2回押す
4、ドロイド君が出てきたらファクトリーリセット実行中
5、実行後、通常通りに起動したらOK

深刻な文鎮の復旧方法は、L-01Dの過去記事を参照して下さい。

サクッとroot化した人で、CWM導入を考えている人は忘れずにbootを書き換えましょう。
参考:「CyanogenMod 10 for L-01DでAndroid 4.1 Jelly Bean を導入してみる」

L-01D ICSに関する過去記事
docomo Optimus LTE ICS 4.0 アップデート
http://hogehoga.blogspot.com/2012/10/docomo-optimus-lte-ics-40-root.html
docomo Optimus LTE 公式ICS 4.0.4 root化 メモ
http://hogehoga.blogspot.jp/2012/10/docomo-optimus-lte-ics-404-root.html
Optimus LTE L-01D (Android) フォント変更の仕方
http://hogehoga.blogspot.com/2012/11/android_15.html
CyanogenMod 10 for L-01DでAndroid 4.1 Jelly Bean を導入してみる
http://hogehoga.blogspot.jp/2012/11/cyanogenmod-10-for-l-01dandroid-41.html

記事別のアクセス数も加速度的に減少傾向なので、みなさん乗り換えてるようですよ。

Optimus LTE L-01D ICS 簡単root化支援プログラム


allinone.bat for L-01D ICS V20C専用 ver0.2
http://hogehoga.blogspot.jp/
//謝辞//
 VpnFaker導入にあたりgoroh_kun氏、fi01氏、L-01D ICSのroot取得手順
   のまとめに協力して頂きました紅氏、そして、ネットブログや
 いろんな方々ありがとうございます
//コメント//
 修正すべき箇所もしくは追加すべき箇所が有りましたらご連絡下さい。
 ファイルを一括にまとめましたので公開がマズイようでしたら、速やかに削除します。

更新履歴:

ver0.2.1 V20D root化 後工程サポート。@2013/04/07

ver0.2 一部修正。@2013/03/23
ver0.1 公開。@2013/03/02

内容:
L-01D ICS V20Cのroot取得後、su、busyboxなどのプログラムをインストールします。
V20D root化は、後工程サポートを利用する前に、fi01氏が公開して下さっている
V20D用do-unlockバッチを実行する必要があります。

*最新ファームV20dではroot阻止対策されたためこれ単独でroot取得できません。
*失敗した場合は自力での復旧が必要です。
*それを了解した上で実行して下さい。

使用方法:
V20C) allinone.batを実行して下さい。
指示にしたがって慎重にroot化して下さい。
V20D) 必ずdo-unlock.bat実行後、allinone.batを実行して下さい。
do-unlock.batに関してはfi01氏のreadmeをお読みください。

復旧に関して:
バッチファイル実行後、不意のトラブルによりroot化が失敗した場合は、
初めに、「ファクトリーリセット」を行なって端末を初期化して下さい。
初期化(簡易復旧)するだけで、起動ループなどの問題が解決する場合があります。
それでも解決しなかった場合は、本復旧作業を行なって下さい。


トラブル発生した時の参考サイト:
Optimus LTE L-01D Wiki (root) http://www55.atwiki.jp/optimuslte/


免責事項:
万が一不具合が発生して携帯電話が動かなくなった場合でも、
私は一切責任を負いません。
docomoやLGEからの保証も無くなるということを覚悟して下さい。


ダウンロード
L01DICS-root.7z  5.7MB


記事内容をブログへ部分引用することはご自由に構いませんが、
ブログからファイル、画像への直リンクは常識的に勘弁して下さい。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...