最新記事

2013年6月22日

格安3Dプリンターの価格を調査してみた。安価なものは2万円台~!!安いゾ!

最近、やたらと話題の3Dプリンタについて調べるついでに、
価格と性能をメモってみることにします。

3Dプリンタの加工方式には、光学造形方式と熱溶解積層方式があります。
前者は非常に細かい解像度で加工することができますが、その分高価になります。
したがって、家庭用3Dプリンタは安価な熱溶解積層方式がオススメです。
ちなみに熱溶解積層方式の解像度は家庭用で手が届きそうな価格帯は0.1mm~0.3mm程度です。
あくまでもメーカー公称値でありますので、過信してはいけません。
所詮は価格相応だと思います。
まあ、多少解像度が低くても家庭用では加工後に手作業で微調整をすればOKだと思います。




脅威の299USD 「Printrbot Simple – *Beta*」



公式サイト
http://printrbot.com/shop/printrbot-simple-beta/

ついに300USDを切った!!
ここまでくれば価格も普通のプリンタと同じくらいです。


最大加工サイズ:10cm x 10cm x 10cm
材料: 1.75mm PLA樹脂
解像度:0.1mm

とにかく安い。



お手頃な499USD 「Solidoodle」


公式サイト
http://www.solidoodle.com/

写真は、フレームむき出しですが、
グレードによって、オプション追加そして外観も豪華になっていきます。

Standard Features:
最大加工サイズ:6 x 6 x 6インチ(15cm立方体)
材料:ABS樹脂
解像度:0.3mm

スタンダードモデル:$499 (高機能家庭用プリンタと同じ価格帯です)
Everything you need to print - just add a computer!
Acrylic Build Plaform - great for small prints
70W power supply
Open design (no outer cover/door)

プロモデル:$599
Heated Build Platform - allows you to build large prints up to 6x6x6" without bottom warping. 1/8" aluminum plate.
Upgraded power supply
Redesigned Spool holder to hold filament and eliminate tangles (makes unattended printing much easier)
Interior lighting
Open design (no outer cover/door)

エキスパートモデル:$699
All the features of the Pro model +
An outer cover & front acrylic door to give your printer a finished look with clean lines


オシャレな家庭用3Dプリンタ  Cube®





公式サイト
http://cubify.com/cube/index.aspx?printers_bn_cube

価格:1,543USD~

外観もオシャレで可愛いくて、15万円程度のカラー3Dプリンタ。
Wi-fiによるケーブルレス接続なので、作業台もスッキリ!

最大加工サイズ:14cm x 14cm x 14cm
材料:ABSまたはPLA樹脂
解像度:0.2m


現在世界中で発売されている3Dプリンタの価格比較まとめ

Price compare - 3D printers
http://www.3ders.org/pricecompare/3dprinters/

上のサイトを見たら、メーカー名、価格そして商品写真が見やすくまもまっていておすすめです。
ほとんどの3Dプリンタ会社で海外通販もできるようですので、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか?



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...