最新記事

2013年7月4日

いなば食品 100円いなばのタイカレー缶詰が価格改定 2割程度値上げへ





大好きな激安タイカレー「いなばのタイカレー」に関するメモ。


最近、セブンで売っているいなば食品のタイカレー缶詰が120円から150円前後に値上げしているので、
「高いな~」「売れるからって、ぼったくりすぎでしょ~」
と気になっていていた。
セブン以外でも、例えばスーパーなどでも同様な傾向にあり、
販売店もしくはいなば食品はあこぎだなと思っていたけど、間違いでした。

どうやら、急激な円安(アベノミクスによる影響)によりツナ缶の価格が高騰。

公式なアナウンスはまだ無いみたいですが、事実上値上げされてるのは間違いなしとみるのが筋でしょう。


いなば食品、国産ツナ缶を値上げ 円安でタイ輸入品も大幅改定 @日本食糧新聞
http://bit.ly/15PEb8q

いなば食品は11日、4月から国産ツナ缶の価格改定を行うことを発表した。
原料であるキハダマグロ・カツオの原料相場が高騰、今後も好転が見込めないことから、
主要製品で17~18%の値上げに踏み切る。
また、対バーツの円安を背景にタイ産輸入製品も28~37%と大幅に値上げする。
ツナ市場では近年、厳しい原料事情と急激な円安による環境悪化に直面しており、
参入他社も値上げに動き出している。


ほええ~。そうなのか。
ちなみにもうちょっと調べてみると、はごろもフーズのツナ缶も値上げなので、
業界的に値上げなのでしょう。これはこれは。



円安でコスト増  2013年3月14日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/business/20130314-OYT8T00224.htm

 ツナ缶大手「はごろもフーズ」(静岡市)は13日、主力ブランド「シーチキン」の
缶詰16種類を5月1日から2・2~6・1%値上げすると発表した。
 原料のマグロやカツオの価格が世界的に高騰している上、
円安によって輸入コストがかさんでいるため。値上げは2007年10月以来となる。
 売れ筋の「シーチキンL」(165グラム入り)の参考小売価格(税込み)は
16円上がって362円になる。
「シーチキンLフレーク」(80グラム入り)と「シーチキンマイルド」(同)は
価格は据え置くが、6月1日出荷分から容量を10グラム減らして70グラムとする。


なるほど。
高騰した原材料やアベノミクスの為替変動によって価格値上げもしくは
内容量減らして価格維持に繋がっている。
インフレターゲット2%以上のインフレです!!笑。


これがタイカレーにも影響してきたということですね。

そして、

ツイッターのリアルタイム検索でも見つけた。
https://twitter.com/masasiro/status/351634669168635904

(抜粋) ローソン100等で買えるいなばのタイカレー缶があからさまに小さくなっており、
ショックを隠しきれない!
内容量は125g→80g
https://twitter.com/masasiro/status/351634669168635904/photo/1

ツイートには缶詰のサイズ(125gと80g)を比較した画像も添えてあるが、
それはそれは衝撃的だ。。。

100円という価格を維持するために、苦肉の策で80gというようにしたことは素人でも理解できる。
しかしだな、80gでカレーってかなり寂し過ぎると思うよね。
うーん。

追記:私もグリーンカレーを購入してきました。




やっぱり減っております。
ちょっと残念ですね。



希望としては、200円ジャストの価格で、さらにクオリティをあげてもイイ気がする。


ヤマモリのレトルトタイカレーに勝つ、レトルトカレーが食べたいです。


【参考リンク】
レトルトタイカレー最強 ヤマモリ「本格タイ料理グリーンカレー」は本当に美味い!!
http://www.tsurezure.org/2013/07/blog-post.html


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...