最新記事

2013年7月10日

Galaxy S3α SC-03E Rooted ROM MF1 更新手順の覚書



手持ちのSC-03Eをやっと最新ビルドへアップデートしました。
最新版のOS「ビルド番号:JR003C. SC03EOMAMF1」へアップデートする手順

一度完全に非root化してクリーンインストール編

の覚書。


準備


<バックアップ>
バックアップ!バックアップ!バックアップ!
アプリ、メールデータ、写真、すべてを「SDカード」へ移動しましょう。
データが消えると大変です。
Helium BackupやTitanium Backupを使ってバックアップを取るとカンタン便利です。

[参考]非rootユーザー必読!! Helium- App Sync and Backup 使い方
http://hogehoga.blogspot.jp/2013/05/root-helium-app-sync-and-backup.html

最新ビルド標準ROMへ戻す


<STEP1> Factory Firmware (stock)
非rootの標準ROMへの戻し方は、Factory Firmware (stock)を焼く。
どのビルドでもよいので、非rootの標準ROMに戻して下さい。
Factory Firmware (stock)の焼き方は、rootedROMの焼き方と同様です。
参考をご覧ください。

最新ビルド *最新ビルドを焼いた場合は<STEP5>不要
Jelly Bean 4.1.1 MF1 
file
過去ビルド*私は以前DLしていたMC3で以下の作業を行いました。
Jelly Bean 4.1.1 MC3 
file

[参考]GALAXY S3α SC-03E 購入、そして即root化。簡単手順公開。
http://hogehoga.blogspot.jp/2013/03/galaxy-s3-sc-03e-root.html

<STEP2>  bootイメージ書き換え
CMW導入した時に書き換えたboot領域を戻す必要があります。
ダウンロード先は<STEP3>参照。

<STEP3>  recoveryイメージ書き換え
同様に、CMW導入した時に書き換えたrecovery領域を戻す必要があります。

ダウンロード
標準boot.tar.md5
標準recovery.tar.md5
( http://www1.axfc.net/uploader/so/2961374 sc03e )

この作業を行うことにより、CWMが無効化されます。
リカバリへ入るとCWMではなく、 Android System Recovery <3e> が起動します。

[参考]Odin使い方/焼き方:docomo Galaxy S3α SC-03E CWM導入しました。
http://hogehoga.blogspot.jp/2013/04/docomo-galaxy-s3-sc-03e-cwm.html


<STEP4> ファクトリーリセット
工場出荷時の状態へ初期化します。
*ファクトリーリセットをすると、内部ストレージデータが消滅します。
 大事なファイルはSDカード内へ退避させて下さい。

リカバリーモードを起動して、
ファクトリーリセットを選択(wipe data/factory reset)して下さい。
Dalvik Cacheも削除(Wipe Dalvik Cahe)しておきましょう。


<STEP5> OSアップデート
最新版のOS「ビルド番号:JR003C. SC03EOMAMF1」へアップデートします。
起動後 Googleアカウントでログインしない方がおすすめ。

システム設定->端末情報->ソフトウエア更新

更新をタップしましょう。


アップデートが無事に終了しましたら、
これでクリーンインストール完了です。


SC-03E root化 + CWM導入

最新版のOS「ビルド番号:JR003C. SC03EOMAMF1」をroot化して、
FeliCa有効にする。


<STEP1>最新ビルドのRooted ROMを焼く
root化された最新ビルドの標準ROMを用意します。

中段にある、「rooted system imageのダウンロード」へ移動
[rooted system image|Android 4.1.1 / SC03EDCMAMF1]
をクリックしてダウンロードする。

GALAXY S3α SC-03E ROOT/カスタムROM まとめ
https://sites.google.com/site/rootsc03e/root

導入の仕方は、下記の参考をご覧ください。
ダウンロードしたRooted ROM(MF1)はリネームする必要ありません。
つっこんで焼くだけ。

[参考] GALAXY S3α SC-03E 購入、そして即root化。簡単手順公開。
http://hogehoga.blogspot.jp/2013/03/galaxy-s3-sc-03e-root.html

<STEP2> FeliCa有効化のための下準備(既に取得されている方はこの作業は不要)
GNT2/S3α eXtreme Tunerを使って、
FeliCaキーを取得しておくこと。

「 GNT2/S3α eXtreme Tuner 」 詳細ダウンロード
https://dl.dropboxusercontent.com/u/40177430/app/GNT2eXtremeTuner/ReadMe.html

[参考] GALAXY S3α SC-03E CWM導入とFeliCa機能有効化に関するメモ
http://hogehoga.blogspot.jp/2013/04/galaxy-s3-sc-03e-cwm.html

<STEP3> bootイメージ書き換え
CMW導入するためにboot領域を書き換える必要があります。
SC03E-JB-KBC-20130519#22-SAM-boot-odin.tar.md5
をOdinから焼く

ダウンロード
SC03E-JB-KBC-20130519#22-SAM-boot-odin.tar.md5


<STEP4> recoveryイメージ書き換え
同様に、 CMW導入するためにrecovery領域を書き換える必要があります。
SC03E-JB-KBC-CWM-V6.0.3.0_r0-recovery-odin.tar.md5
をOdinから焼く

ダウンロード
JB-KBC-CWM-V6.0.3.2_r0-recovery-odin.tar.md5


<STEP5> ファクトリーリセット
工場出荷時の状態へ初期化します。
*ファクトリーリセットをすると、内部ストレージデータが消滅します。
 大事なファイルはSDカード内へ退避させて下さい。

リカバリーモードを起動して、
ファクトリーリセットを選択(wipe data/factory reset)して下さい。
Dalvik Cacheも削除(Wipe Dalvik Cahe)しておきましょう。


<STEP6> セットアップ
再起動後、スマホのセットアップをしましょう。
バックアップの復元など。


<STEP7> FeliCa有効化
GNT2/S3α eXtreme Tunerを起動して、
標準ROMから取得したFeliCaキーを有効化します。
詳細は、上記の参照をご覧ください。


完了。
これでまっさらな状態になったと思います。サクサクです。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...