最新記事

2013年7月23日

Maps With Me!! GoogleMapsのオフライン地図機能に対応していない国で、オフライン地図を使う方法


iOS対応
Android対応



Googleマップは、日本をはじめとした比較的多くの国でオフラインマップ機能が使えないことは既にこのブログでも取り上げました。理由はライセンス上の問題。その解決策は、Googleマップを一時的にダウングレードしてすべての国で使えるようにするということですが、少し手間がかかってしまいます。そしてGoogleマップ自体もかなり前のバージョンになってしまいますので見た目が最近のマップと比べると劣ってしまいます。しかしながら他のマップアプリより十分マシではありますが。

今回は、そういうテクニックを使わずに、純粋にオフラインマップアプリをGoogle Playストアからダウンロードして使用する方法を紹介します。
つまり、Google以外で使えそうなオフラインマップアプリの紹介になります。


[参考] Googleマップダウングレードしてオフラインマップ利用する
http://hogehoga.blogspot.jp/2012/12/google-maps.html


完全オフラインマップアプリ 「Maps With Me」紹介

iOS対応
Android対応

Maps With Me 公式サイト
http://mapswith.me/en/home

Maps With Meとは、、、、以下、説明文抜粋。

MapsWithMe Pro (Maps With Me)があれば、安心して旅ができます!
TechCrunchによると、MapsWithMeのサービスはGoogle Maps offlineよりはるかに優れている。
自分がいる場所や最寄りのレストラン、ホテル、アトラクションの場所がいつでも分かります。そして、地図検索や利用は完全にオフライン対応のため、インターネット接続は必要ではありません。

機能:
・オフライン検索:提供されている全ての地図情報から、必要とする全てを見つけてください。自動提案機能で地図を素早く、簡単に検索することができます。
・カテゴリー別の検索:食品、名所、ショップなどよく使うカテゴリー別の地図検索を行うことができます。
・ 地図ローテーションと自動フォローモード
今、指で地図を回転することができます。自動フォローモードがオンの時は、地図が自動的にあなたが動く方向に合わせます。
・GPS位置情報:GPS位置情報とコンパスで自分がいる場所をいつも特定することができます。
・ブックマーク:お気に入りの場所や旅行の目的地に印を付けておきたいのですか?地図をタップし、ブックマークリストにどの場所でも追加することができます。-
そして、何度もそれを簡単に見つけることができます。
・ブックマークのインポート/エクスポート: お気に入りの場所を友達とメールで共有、または他のマップからMapsWithMeにブックマークを追加。KML/KMZファイルに対応
・ナビゲートには最適なアプリです。現時点でMapsWithMeアプリにナビゲーションやルートプランナー機能はありませんが、自動追跡モード、迅速なレンダリング、GPSによる正確な位置付けにより、運転中であっても目的地への方向を示してくれる最高のツールです。

オフラインマップで使用されている各国の地図データは、、、

Open Street Map
http://www.openstreetmap.org/

に登録されているオープンソース(厳密にはCC-BY-SA事項あり)の地図情報を元にしているマップで、
世界中の多くの国で利用でき、地図データも比較的新しいことが特徴です。
情報が新しいことは最も重要です。
また、マップのレイアウトも一昔前のGoogleMapのような配色なので、
グーグルマップのように見やすいこともあげられます。

レンダリングスピード(地図表示速度)は、GoogleMapと比較するとやっぱりもたつき感はありますが、
オフラインマップ対応の他の地図アプリと比較したら、かなり速い部類ではないでしょうか。
これはおすすめです。
タブレット端末にインストールしておいても損は無いと思います。


こういう人に特におすすめ
  • 海外旅行では、Wi-Fiのみでデータ通信をするつもりの人
  • 海外パケットプランには加入するが、出来る限り通信費を抑えたい人
  • 海や登山など、電波が厳しい環境で日本地図を使いたい人
  • 日本でも、通信費かけたく無いからWi-Fiで使用している人



アプリのインストールと使い方


アプリのインストールはカンタン。

Google Play ストアからダウンロードするだけです。
とりあえず、機能制限がありますが、フリーのLite版を使ってみましょう。
有料版は500円程度します。

MapsWithMe Lite
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mapswithme.maps



使い方はカンタン。

GoogleMapのように、ピンチズームで表示したい場所(世界中対応)を拡大して行きます。
すると、ある一定以上拡大すると、
「地図データをダウンロードしますか?」
というような内容を聞かれますので、地図をダウンロードしてください。
オフラインマップなので、選択した各国の地図データをダウンロードします。
地図データのサイズですが、地図内容や情報が多い国は10MB以上の比較的大きなサイズとなりますので、パケット定額ではない人は注意してください。

このアプリはGPS対応しています。
Googlマップのように高機能ではありませんが、地図に現在位置を表示するだけの基本機能なら十分に利用できます。

日本で利用する場合は、Googleマップのようなルート案内カーナビにはなりませんが、
同乗者が目的地へ誘導する簡易ナビとして使用できるかもしれません。

有料版は、位置のブックマーク対応だそうです。ナビで利用される方には便利かも。

スクリーンショット

アジア地域を表示させたとき

バンコク(タイ)にズームイン

バンコクの中心部(まだまだ拡大できます)

巨大ナイトマーケット アジアティーク ザ リバーフロント辺り

アジアティーク ザ リバーフロント を拡大して、何が言いたいのかというと、
アジアティーク ザ リバーフロントは2012年4月27日に正式オープンしたバンコクの新しい観光地であり、若者のデートスポットです。

参考:アジアティーク ザ リバーフロント
http://www.bangkoknavi.com/miru/283/

つまり、オフラインマップでありがちな、地図データがめちゃくちゃ古いということはありません。むしろ新しいのではないでしょうか。個人的には驚いてます。
*オープンソースの特徴から、都会に比べて田舎地域などはデータの充実度は低いと思いますが仕方ありません。


的外れなレビューをしている勘違いな人たち


★☆☆☆  
はは 悪いけど コレは使えないな  大雑把過ぎる地図ツール 有料品も大体見当付くよ。 開発者よ寝ないで頑張らないと。

★★☆☆☆
検索結果にがっかり freeから有償に切り換えたが、検索結果を見てがっかり。最寄りの大手銀行の支店が移転したわけでもないのに見つからない。銀行やガソリンスタンドの位置ぐらいは、網羅してほしい。


情報量が少なすぎる 地図情報が少なすぎます。駅が表示されていなかったり、ローカルな場所に行けばいくほど情報量が少なく、地図としてはいまいちです。任意の場所での検索ができないのもNG。オフラインが可能というとこだけはメリットですが・・・・。

このアプリは、ユーザー投稿型(ユーザーが地図情報を提供する)ベースのオープンソース地図プロジェクトを利用したアプリです。この地図アプリ自体に情報が少ないわけではなくて、元データになっている「OpenStreetMap」自体に地図データが少ないことが原因です。その点を勘違いしない方がいいです。寝ないで頑張らないといけない人は、オープンソースの特徴としては、むしろ自分ですね。


カーナビにならないの オフラインでカーナビとして使えるものと思って購入してしまった。アンドロイド初心者です。

ルート案内はできませんと、ウェブサイト上に明示されているので注意しましょう。
現在地自動フォローアップ機能(有料版:GPSボタンを2回タップ)はあるようです。というか、有料版を買うなら説明文くらいざっと目を通すべきだと…。


まとめ


かんたんにまとめると、Maps With MeはいちいちGoogleマップをダウングレードしなくても手軽にオフラインマップを使えるという点で優れていると思います。表示速度も若干もたつくものの他と比べたら悪くないですし。ただし、総合的な使いやすさを考えると、Googleマップをダウングレードした方が使いやすいかもしれません。しかし、Googleマップのオフライン機能の欠点は表示可能な範囲が限定だということです。そういう点においてはMaps With Meにはアドバンテージがあります。

とにかく、どういうアプリなのかはLITE版を利用してみて、各自で判断することですね。

レッツトライ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...