最新記事

2013年8月9日

AdAway 2.x インストールと、日本向け 最新 hosts ソースなどの紹介。


AdAway - Open source ad blocker for Android
AdAwayの最新版 Ver.2.3のダウンロードと、インストール方法。
スマホから直接、このブログ記事へアクセスして下さい。




AdAway 2.x を入手する


スマホから下記のダウンロード先へアクセスして下さい。
上の共有ボタンからツイッターやフェイスブックにこのページを共有して、
スマホからツイッターやフェイスブックなどの共有した場所へアクセスするとラクです。

ダウンロード:AdAway-release_Build-10.12.13





Downloadボタンを押すと、直接APKファイルをダウンロードできます。

ダウンロードしたアプリを開くとインストール画面に移行しますので、
インストールしましょう。

野良アプリ(Gストア外のアプリなので)になりますので、

Android[設定]->[セキュリティ]->提供元不明のアプリ

にチェックマークしておかないとインストールできませんので、ご確認ください。

以上でインストール完了。カンタンですね。


日本向けAdAwayホストファイルを準備する


インストール後、日本向け広告ブロック用のホストソースを追加する。




日本向け 超強力 広告除去用 Hosts ファイル@コスモノーツ
http://cosmonote.blogspot.jp/2013/07/adaway-hosts-adfree-windows7-windows8.html

大変面倒くさいhostsソース作りですが、非常に有難いことに、
上記のサイトで日本向け最新版のhostsソースが公開されています!
本当に感謝です。
コツコツとアップデートされてるようですので、定期的にチェックしてみて下さい。


ちなみに、アップロード先がmediafireなので、いつ消えるかわかりません。
したがって、各自ダウンロードして、導入しましょう。
私はスマホ用のhostsファイルをダウンロードしましたが、数種類用意されていますので
お好きなソースを利用するとよいと思います。


hostsソースを導入する 


hostsソースの導入の仕方をカンタンに説明すると、
ダウンロードしたファイルをそのままスマホへ送っても良いですが、
Dropboxを使う手段がお手軽かつhostsファイルの更新もラクなのでおすすめです。

アプリを起動します。

「HOSTSソース」をタップすると、hostsソース追加編集画面へ移動します。



「+追加」ボタンにより、広告ブロック用のhostsソースを導入して下さい。

以下は、私がダウンロードしてDropboxに置いたhostsソースです。
使いたい方はダウンロードしてご自由にお使い下さい。
ただし、いつ消すかわかりませんので、各自ダウンロードして設置することが望ましいです。

広告ブロックhostsソース (コピペ用 2013/10/25) 
https://dl.dropboxusercontent.com/u/11794515/myhosts.txt


AdAwayを適用する



hostsソースを追加したら、追加したhostsソースにチェックマークを入れてから
上画像の画面で、「ファイルをダウンロードして適用」をタップして下さい。

これで導入完了です。

参考リンク


AdAway
https://code.google.com/p/ad-away/
[APP] [UNOFFICIAL] AdAway v2.3
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2190753



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...