最新記事

2013年10月27日

ル・クルーゼ オシャレなワイン用アイスクーラースリーブを購入してみた。フォトレビューなど。



ワインを美味しくため、冷たい温度を保つためのアイスクーラースリーブを購入しました。
最近はワインバーなどでも、このようなクーラースリーブを付けてくれるお店も増えましたね。

ル・クルーゼのワイン用クーラースリーブで、オシャレながらお手頃な値段だったので、非常に大満足です。
ル・クルーゼといえば、オシャレなお鍋や器で有名なフランスのキッチン用品メーカー。ル・クルーゼの商品は、他のメーカーと比較すると決して安くはない(逆に言えば品質良)ですが、それでもしっかりとした作りとデザインがマッチしておりオシャレなので日本でも大人気のキッチンブランドです。



Le Creuset WA126 LC アイスクーラースリーブ

  • 持ち運びに便利なワインクーラー
  • 事前に冷凍庫に入れておけば、いつもで冷やせる
  • ボトルの上からかずせるだけなので、取り扱いも簡単
  • ワイン、シャンパン、スパークリングワインのいずれにも使用できる




私は、赤白ワインに加えて、スパークリングワインも好んで飲むので、
ちょっと大きめのボトル径まで対応してくれるものを探していました。
もちろん、嗜好品なのでシンプルかつオシャレなデザインも!


結果的にいえば、購入して大正解でした。
正直、ル・クルーゼにしては安かったので、粗いんじゃないかなと思ったんだけど、そんなことは無かった。
探そうと思えば、100円ショップでもアルミ素材のものがありそうですが、パーティーなど来客時にはちょっと不格好。一方、このル・クルーゼのアイスクーラースリーブは来客時にも恥ずかしくなく使用できそうです。

ワインを頂く時に、ワインのラベルが見れないのは少し寂しい気もしますが、
デメリットはそれくらいですかね。

メリットは、使用法が簡単!取り扱いが簡単!氷がいらない!水滴が垂れにくい!...etc

ワインの温度を低く保つには、一般的にワイン用のバケツにたくさんの氷を入れてその中にワインボトルを入れておくという方法が一般的ですが、それにはたくさんの氷が入ります!これは非常に面倒くさい!!!家でワインを美味しく飲むためだけにいちいちたくさんの氷を作らなくてはいけないということは、冷蔵庫の製氷スペースをたくさんとりますし、そもそもいちいち氷を準備することが面倒。私がワイン用のアイスクーラースリーブを購入した動機はこれに尽きます。面倒くさがりなので笑。見栄え的に言うと、バケツで保冷する方がワインを飲んでます!という雰囲気が出てオシャレなんだけどね。


Le Creuset WA126 LC アイスクーラースリーブ フォトレビュー


開封




説明書き




ワインクーラースリーブの中から出てきました。

さすが欧州メーカーというべきでしょうか。
シンプルな説明書きです。



5年保証付きです。

ワインを美味しく頂くための説明が書かれています。


クーラースリーブの内側




しっかりとした作りです。
画像でいうと、両側のゴムがかなり強めのゴムですので、
ワインボトルのサイズが多少異なっていてもしっかり固定できます。

アイスノンのような保冷剤が生地の内部に入っていますので、
このスリーブを使用する1時間前くらいに冷凍庫へ放り込んでおけばOKです。

底が開いているため、ワインボトルを直立させることができるのでテーブルスペースをとりません。
一方、スリーブを付ける前に氷水でワインボトルを冷やしていた場合、
しっかり拭かないとワインボトルからの水滴がボトルの底に滴り落ちますが、
逆に言えば、使用後の掃除が内側を拭くだけだけでできますし、
乾燥もしやすいので、内側にガビが発生することも無いと思います(そででも、乱雑扱えば話は別です)。

クーラースリーブ装着


赤ワイン(フルボトル)


しっかりズレることなく装着できます。
ワインボトルは通常のフルボトルサイズです。



スパークリングワイン(フルボトル)



赤ワインのボトルサイズより少し大口径のボトルになりますが、
しっかり装着することができました。
素晴らしい。


まとめ


繰り返しになりますが、これ素晴らしいです。購入して正解。取り扱いがラク。
ル・クルーゼにしては2000円程度と安いですが、作りもデザインもしっかりしているので
ちょっとしたプレゼントにも最適。
パーティーのプレゼントにしたら皆喜ぶのではないでしょうか。安くても、ル・クルーゼだし笑。

普段からワインを飲まれている方、これからワインを始める方はマストアイテムです。
初期投資2000円だけで購入できますのでオープナーと一緒に早めに購入しておいて損はないです。


   


さらにワインを美味しく飲みたいと思う人は、、、

デキャンティング・ポアラーがお勧めです。

ワインのボトルにデキャンティング・ポアラーを取り付けることによって、
ワインをグラスに注ぐ時に注ぐ時に、適度に空気とワインがデキャンティングされる仕組みです。
嘘か真か迷信のような話でありますが、実際にデキャンティングされたワインは更に美味しくなります。ソムリエがワインをグラスの中でくるくる回して香りを引き立たてて、「〇〇な香りがします」と
いうことがありますよね??そう、それです。注ぐ時にワインを空気と触れされることで美味しくするのです。
でも…私みたいなワイン素人は、迷信程度に美味さアップといったところでしょうか。
味覚に自信がある方はデキャンティング・ポアラーを試してみると良いかもです。
私ももちろん持っています笑。

飲みかけの保存は真空保存がお勧め。

ワインボトル内の空気を抜いて真空にすることによって、ワインの酸化を防ぐことができます。
つまり、ワインの美味しさを長く保つことが可能となります。
これさえあれば、複数のワインを一度に開けても大丈夫ですね。

以上、おまけのワイン談義でした。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...