最新記事

2013年10月5日

ウルトラブックNEC LaVie G Type Z が最強スペックで帰ってきた!!



昨年、13.3インチのディスプレイを搭載したウルトラブックでは世界最軽量のモデルを登場させた
NECのLaVie Zが世界最軽量とIGZOディスプレイを搭載してグレードアップして帰ってきたぞ!

これは凄い。

今回はなんと、ディスプレイが13.3インチのサイズながら799g以下を達成するそうだ。
そして、液晶画面も省電力に加えて高解像度と高画質を両立させたIGZOディスプレイ搭載!
CPUも手抜きすること無く、インテルの最新モデルHaswellを搭載。

これはめちゃくちゃ期待できる。

今回は、ボディカラーにブラックも登場するようだ。


ディスプレイの解像度はまだ公表されていない。
現行のウルトラブックではASUSが高解像度2560×1440ピクセルのパネルを採用していたりするので、
同程度すくなくとも現行モデルより大きくしてフルHDサイズまで拡張して欲しい。

ウルトラブックのインターフェースは基本的には現行と一緒のようです。
USBポートは、現行は3.0と2.0が各1ポートであったが、次のモデルでは3.0が2ポートのようだ。


当ブログでは、現行モデルのLaVie Zについての記事を書いてきました。
私もLaVie Zのユーザーで、普段から持ち歩いて現役でバリバリ使用してます。
ブログで早々取り上げたことによって、Google検索では上位でヒットするため
最近は落ち着きを見せていますが、今まで多くのLaVieZユーザーからのアクセスがありました。
また、アクセス解析を見るとびっくりするくらいN社からも大量のアクセスがありました。
したがって、今持っている不満を隠すこと無く書きたいと思います。

現行モデルの問題点をわかっていて、それが改善されているかどうかが凄く気になります。

私が気になる現行モデルの問題点

  •  キータッチに違和感があり、長い文章を作成するに当たっては文字を打ちづらいこと。
もちろん、あくまでも長い文章を作成するに限ってであって、短い文章は苦痛ではない。

  • 筐体のデザインにマッチさせるためのマウスパッドなので、パッドの表面がザラついていること。
これも、短い文章の作成やネットサーフィン程度では問題無いが、長時間の使用においては少し気になる点である。

気になるのはこの2点です。
ある意味バリバリ使うユーザーにとっては致命的な問題かもしれません。
この2点が大幅に改善されていれば、IGZOも搭載されるので乗り換えるに値するでしょう。


そして、他の人のレビューを見ると、

  • 液晶ディスプレイが割れやすい問題

があるようです。
私は、けっこう乱雑に扱っているがひび割れなどは発生していませんが、
確かに、強い負荷を外部からノートPCにかけると割れると思うくらい薄い。
これは世界最軽量とトレードオフかもしれませんが、できる限り改善してほしい点ではあります。

新しいLaVieZは超期待です。
現行のウルトラブック市場では一目置くような素晴らしい性能だと思います。
Sonyのvaio ZユーザもPanasonicのLet’sユーザも私の周りにはいますが、
それらそれぞれに良点や欠点がやはりあります。
それを加味しても、NECのウルトラブックLaVieZはガチンコで競えるプロダクトであることは確かです。


あとは現行モデルと同じくらいの価格を維持できるかどうか。
可能であれば現行から次期モデルへ乗り換えたいのだけど、
当分は購入資金が無いので当分見送りです笑。

大手メディアのような広告レビューではなく手加減なくレビューに加えて、
当ブログで扱ったようなタッチパッドの改善方法など公式では扱えないような
ユーザビリティを向上させるようなセッテイングを探しますので、
NECさん是非とも試供品を下さい笑


とにかく、一言で書くと、次期LaVieZは欲しい。


参考記事:「新LaVie Z」の仕様明らかに──超軽量700グラム台+超高解像度IGZOを採用
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1310/04/news106.html
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...