最新記事

2013年10月18日

WINDOWS 8.1 にアップデートしたら、ディスプレイの解像度がおかしくなるトラブル発生。解決方法。



本日から新しいWindows8.1の配布がスタートしました。
Windows8.1は、慣れ親しんだデスクトップ画面を捨てて業務ユーザーを無視した先進的UIを強制的に採用した挙句ボロクソに叩かれた前バージョン8.0の不具合や不満を解決するために、マイクロソフトがリリースしたいわば真の8です(ユーザーテストをクリアしたという意味で)。

今日から配布ということも知らずにOSを8から8.1へアップデートしてみると…

更新作業はトラブルなく順調に完了したのだけど、

あれ??

解像度がヘンだぞ。



画像だと分かりづらいけどなんだかピンぼけした感じ。
これが、Win8.1に最適化されていないすべてのアプリケーションで発生します。
これはつらい。





ディスプレイ解像度を正常に戻す


アップデートにより、ボケボケになった解像度を正しい解像度へ変更する方法の覚書です。
さきほど無事に復旧しました。
一時は、すべてのアプリケーションがボケボケで使い物にならなくなったので
焦りました笑


画面の解像を変更する


タイルUIからデスクトップ画面を開きます。
デスクトップ右クリックして
「画面の解像度(C)」
をクリックします。



解像度がそもそもオカシイ方は、推奨サイズ(ディスプレイ最大解像度)に選択します。

しかし、これだけじゃ駄目!!

次に、

「テキストやその他の項目の大きさの変更」

をクリックします。ここ重要!!



すべてのディスプレイで同じ拡大率を使用する

にチェックマークを入れます。

そして、拡大率を「小-100%」に固定します。

適用を押して再起動または再度サインインします。

これでアプリを起動しても解像度が適正なものになっているはずです。


WIN8.1解像度問題は解決

これまた分かりづらいのですが…

変更前の画像と比較すると高精細になっていることが分かると思います。

これでディスプレイの解像度問題は一件落着です。

一時はどうなるかと思ったよ。


WINDOWSの設定項目はごちゃごちゃしていて、
相変わらずどこになにがあるか分かり難いUIをしてます。



Win8.1のタイルUIから使い慣れた今までのスタートメニューを復活させるClassic Shellの使い方
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...