最新記事

2013年11月3日

とても簡単にデキる Google Nexus 5 Root化の方法・手順について



本日届いたnexus5ですが、早速bootloaderのunlockとroot化しましたので
その覚書を置いておきます。


すでにxdaにて、ワンクリックでroot化できるツールが公開されているので、
Android SDKをインストールしている方はすぐにroot化できます。

しかし、スマートフォンのbootloaderをいじったり、root化を行うとメーカー保証対象外となってしまいます。
失敗してOSが起動しなくなっても自力で対処出来ない方は注意しましょう。
全て自己責任ということを前提にお願いします。


ここでは、Super-SUの開発者でもあるChainfire氏がXDAで公開している
簡単root化ツールを使用してnexus5をroot化します。


Google Nexus 5 root化の手順


STEP1 バックアップ


まずはじめは、とにかくバックアップです。
消えたら困るファイルやアプリ、そしてメールなど、
スマートフォンのバックアップを取りましょう。


STEP2 Android SDK 導入(SDK未導入の場合)



Android SDKをパソコンに導入する方法は下記のブログで詳しく紹介されています。
ここでは解説しませんので下記のリンクをご参照下さい。

Windows PCにAndroid SDKを導入する
http://arkdroid.info/036/


また、既にAndroid SDKをインストールしてパス設定もしているのに、コマンドプロンプト上で
adb shell
と入力してもデバイスが「device offline」などと表示されて認識しない場合があります。



その原因は、Android SDKのAPIが古い可能性があります。
現在Android 4.4 は API19ですので、それをインストールすると認識すると思います。


STEP3 簡単root化ツールをダウンロードする


XDAの以下のフォーラムにて、nexus5のroot化ツールとroot化の手順が公開されています。

[Nexus 5] CF-Auto-Root
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2507211

Download
CF-Auto-Root-hammerhead-hammerhead-nexus5.zip
CF-Auto-Rootをパソコンにダウンロードして展開しておきます。

STEP4 Nexus5のドライバをインストールする(デバイスが認識されない場合)


Nexus5をUSBでパソコンに繋いでも認識しない場合は、
Google Android USBドライバをインストールしましょう。

インストール方法は直接ダウンロードしてインストールする方法①と
AndroidSDKからインストールする方法②があります。


①直接ダウンロードしてインストールする方法



Google USB Driver
http://developer.android.com/sdk/win-usb.html

赤色の線で囲ったダウンロードボタンから直接ダウンロードして下さい。
解凍後、ドライバを直接インストールします。

インストール方法は、「Nexus7 root化のSTEP3」で紹介したように行って下さい。
私は、こちらの方法で直接ドライバを入れました。

STEP3 デバイスマネージャでNexus 7ドライバをインストールする
http://www.tsurezure.org/2013/08/nexus7-2013-root.html




latest_usb_driver_windows.zip を解凍後
デバイスマネジャへ移動して、ドライバ手動更新する。
その際に、ドライバを手動検索にして、解凍したフォルダを選択する。





または、
②AndroidSDKからドライバを導入



赤色の枠線の「Google USB Driver」をインストールしてください。
たぶんこれでもOKだと思います。

STEP5 BootloaderモードでパソコンとUSB接続する




上画像のように、nexus5をブートローダーモードで起動させます。
ブートローダーモード起動後、nexus5をパソコンとUSB接続してください。

<ブートローダーモードの起動方法>

1、電源を切る
2、「電源ボタン+音量↑+音量↓」を同時押しで起動

STEP6 root-windows.batを実行


nexus5をUSB接続後、

STEP3でダウンロードしたバッチファイルを実行します。
これだけでブートローダーをアンロックして、一気にSuperSUをの導入します。


初めてbootloaderをアンロックする場合は、スマートフォンの内部データが初期化されます。
今一度バックアップの不備がないか確認しましょう。

バッチファイルを実行後、nexus5の画面に
「BootloderをUnlockしますか?」
という内容が表示されますので、注意深く選択してUnlockして下さい。

Unlockが上手くいくと、しばらくすると、赤色のドロイド君が表示されます。
気長に再起動するまで待ちましょう。



再起動すると、上画像のように南京錠のロックが解除されています。
OSが起動したら、SuperSUアプリがインストールされているか確認して下さい。
インストールされていない場合は、Playストアからインストールしてください。


お疲れさまでした。
最後に、素晴らしいツールやアプリを開発しているChainfire氏に寄付を行いましょう。
寄付が難しい方、面倒くさい方は、SuperSUの有料版を購入するとよいでしょう。

Donate
CF-Root has been available for many devices and has clocked over 17.5 million downloads. This is not even counting custom ROMs that already include it. Don't be a leech, buy me a beer (and use the "Thanks" button!). Imagine if every CF-Root user has donated me $1... 



SuperSU Pro  by Chainfire
https://play.google.com/store/apps/details?id=eu.chainfire.supersu.pro






以下は、おまけ。
上述のroot化からそのままの流れでもOKです。

Google Nexus 5にTWRPカスタムリカバリを導入する


カスタムリカバリを導入することで、システム全体をフルバック取ることができるようになったり、
アプリなどをZIPファイルからインストールできるようになります。

[RECOVERY][03-11-2013][Official][TWRP]2.6.3.0 For Nexus 5


STEP1 ブートローダーモード起動 


nexus5 root化のSTEP5と同じように、ブートローダーモードを起動させる。
USBデバッグモードを有効にしている方は、USBデバッグモードでパソコンと接続して

adb reboot bootloader
とコマンドプロンプトに入力することでもブートローダーは起動できる。

STEP2 TWRPカスタムリカバリを準備する


はじめに、TWRPカスタムリカバリをダウンロードする。

[Official] TWRPカスタムリカバリ2.6.3.0 For Nexus 5
http://d-h.st/m3h

imgデータをダウンロード完了したら、ダウンロードしたフォルダで、
Shift+右クリックを押して、「コマンドウィンドウをここで開く」を選択します。


すると、そのフォルダでコマンドプロンプトが起動します。

STEP3 TWRPカスタムリカバリをnexus 5のリカバリ領域へ焼く


コマンドプロンプトが起動したら、

fastboot devices

と入力します。すると、

(十数桁程度文字列)  fastboot

と表示されてば、ちゃんとデバイスを認識できています。
デバイスが正しく認識されていない場合、imgデータを下記のコマンドで焼くと文鎮になる原因となります。
表示されなければ何か設定がオカシイと考えられるので、手順を見なおして下さい。
次に、早速ダウンロードしたTWRPリカバリを焼きます。

fastboot flash recovery openrecovery-twrp-2.6.3.0-hammerhead.img

現在は、TWRP v2.6.3,0ですが、
リカバリのバージョンが上がった場合は、それに合わせてコマンドを変更して下さい。
これでカスタムリカバリを導入することができました。


次に、

fastboot erase cache

と打ち込む。
これで不要なキャッシュを消すことができます。


STEP4 TWRPカスタムリカバリを起動させる



STEP3まで終わると、ほぼ終了です。
最後に、TWRPリカバリを起動しましょう。

スマートフォンのブートローダーモードメニューから、音量ボタンでメニュー項目を選択して、

Recovery mode

を表示させたところで、電源ボタンを押してリカバリモードを選択して下さい。
すると上画像のようなメニューが表示されます。

初めに、ファクトリーリセット(Wipe)をすることをおすすめします。

あとはお好きな様に。

カスタムリカバリの使い方が分からない方はググると
たくさん解説サイトが出てくると思います。

その後、デバイスの調子が悪いようでしたら、
もう一度ファクトリーリセットをしてみると良いでしょう。

追記:
その後のデバイス不調とは、
私も、root化そしてカスタムリカバリ導入後、nexus5をそのまま起動させましたが、
使っていると、GooglePlayストアが強制終了を繰り返す無限ループに陥りました。
したがって、導入後は、ファクトリーリセット(wipe)を行ってください。



おまけのおまけ Factory Images

Factory Images "hammerhead" for Nexus 5 (GSM/LTE)
Nexus 5 Stock Recovery Image
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...