最新記事

2013年11月2日

Google Nexus5が対応している周波数帯域(周波数バンド)や分からない点について調べたメモ



追記:2013/11/10
Nexus5やNexus7などの非ドコモ端末で、SPモードメール(@ docomo.ne.jp)リアルタイム受信を目指す方法①
http://www.tsurezure.org/2013/11/nexus5nexus7sp-docomonejp.html
Nexus5でも、SPモードメールを簡単に擬似プッシュのようにさせて受信することが可能だと分かりました。
ドコモのキャリアメールの件でNexus5購入になかなか踏ん切りが付かない人は朗報だと思います。



ついに発売したNexus5ですが、ここで自分が分からなくて調べたことなどについて
簡単にメモしておこうと思います。

Nexus5に関してですが、SIMフリー端末でありながらアクセプタブルな価格設定なので非常におすすめな1台であります。




Nexus5が対応しているLTEバンド


Nexus5は、高速通信LTEに対応しています。LTEは複数の帯域チャンネルを持っており、キャリアによって使用できる帯域が異なっており注意が必要なのです。

そこで、Nexus5が対応しているLTEの帯域についてネットで調べてみました。調査に間違いがあるかもしれませんので、最終的には各自でお確かめください。




日本で発売されているNexus5のモデルは型番LG-D821といわれています。
そのLG-D821が対応している周波数帯域は

Band 1(2100MHz)
Band 3(1800MHz)
Band 5(850MHz)
Band 7(2600MHz)
Band 8(900MHz)
Band 20(800MHz).

のようです。
日本の国内キャリアであるdocomo、au、sodtbank(e mobile)が対応しているLTEバンドと照らし合わせてみると、
docomoは、Band1とBand3の計2バンド(*ただしBand3は東名阪地域のみ)
auは、Band1の1バンド
softbank(emobile)はBand1とBand3に加えて、いわゆるプラチナバンドと勝手に呼ばれているBand8の計3バンド
に対応しているようです。
emobileネットワークではBand8は来春予定となっていますが、実際にはソフトバンクiPhoneであったように、発売に合わせて前倒しで利用できるようになるかもしれません。

つまり、LTE対応バンドで比較すると、Softbankグループが多く対応しているようです。ということは、LTEに繋がりやすいことを表しています。一方で、auは1バンドのみと寂しいことになりました。そもそもauはCDMA2000という通信規格を採用している奇異な会社なので、NEXUS5は使えないという認識とするべきです。docomoも東名阪地域意外では1バンドのみと地方住まいの方には少し残念な結果となっています。一応、docomoは地方でもBand3に対応させようと検討はしているようです。


LTEバンドでのおすすめはSoftbank(emobile)でしょう。
次点はdocomoです。

auで、nexus5 を使いたい方は、CDMA2000に対応した型番LG-D820 nexus5を購入しましょう。
*ただし、日本のGooglePlayストアでは購入できません。

SPモードで契約したdocomoのXiネットワークで使うには


結論から言うと、利用できます。しかし、docomoから発売されたスマートフォン以外のスマートフォンをSPモードで契約したdocomoのネットワークで使うには、Moperaと契約しなければdocomoのネットワークを利用することができないことに注意しましょう。

docomoSIMをnexus5で使うためのAPN設定 (mopera U)

システムの設定画面からネットワークの項目を選択します。

APN設定を開いて、以下の項目のように入力してください。


名前:mopera U
APN:mopera.net


入力が終わり、APN設定を保存したら、保存したAPNを選択しましょう。
するとどうでしょうか?スマートフォンがdocomoのネットワークを掴めるようになります。

覚書
  • SPモードを契約中の場合、moperaを契約するとセット割(150円引き)が適用される
  • mopera Uライトプランも存在するが、契約できるのはFOMA契約の回線のみ(つまり使用できない)


高速通信LTE対応の格安SIMカードで運用するには




比較したのは、最近話題の格安LTE対応のSIMカードを提供する3社。
今この格安LTE対応SIMカード市場のユーザー獲得競争が熾烈を極めており、
3社以外の他社も追随して、値下げ競争が凄いことになっております。

たとえば、ビックカメラが提供するBicSIMは、通常は200kbpsの通信速度になりますが、1ヶ月500MBのLTE通信クーポンが毎月与えられるので、高速通信を利用したい時だけそのクーポンを使用することも可能です。さらに!!Wi2という公衆WIFIにも対応しており、外出先でも公衆WIFIのネットワークを掴めば、WIFIネットワークによる高速通信が可能となります。これだけお得なSIMカードも1000円以下です。

最近の相場は、1ヶ月3GBのLTEによる高速通信が2000円を切っています。
また、上に紹介した3社や他の同様なサービスをしている各社が相次いでSMS対応SIMカードの提供を始めました。SMSオプションを利用するための追加価格は150円程度です。SMSオプションを利用することで、単純にSMSが利用できるようになるだけではなく、セルスタンバイ問題の解決にもなるようです。

また、各社とも新規ユーザーを獲得するためにキャンペーンを盛んに行っていたりします。
例えば、新規契約時の事務手数料などの初期費用無料や割引などです。

そういったキャンペーンを上手く利用して、ご自身にあったSIMカードを見つけましょう。

人気がある数社をピックアップしておきます。


  • 楽天ブロードバンド LTE
http://broadband.rakuten.co.jp/lte/
  • OCNモバイルONE
http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/
  • U Mobile LTE
http://umobile.jp/
  • BIC SIM
http://www.biccamera.com/bicbic/jsp/w/service/bicsim/index.jsp
  • ぷららモバイルLTE
http://www.plala.or.jp/mobile/



参考:
以前に書いた記事からの引用です。詳細は以下の記事をご参照ください。
http://www.tsurezure.org/2013/09/1000ltesimocnusen.html


docomoのSPモードメールをNexus5で受信できるようにするには


可能かどうかは実機が届いてテストしてみないと分かりませんが、
ドコモメールに切り替えずSPモードメールのまま使用して、Gmailやメールアプリを利用してSPモードメールをPOP3受信することでしょう。docomoのネットワークとスマートフォンがあれば比較的誰にでも簡単にできます。

それらについて以前に書いた記事をご参照ください。

ドコモのSPモードメール(@ docomo.ne.jp)がGmailやパソコンでも受信できるようになったゾ!!
http://www.tsurezure.org/2013/10/sp-docomonejpgmail.html


標準SIMカードからNexus5のmicroSIMカードへ移行するには?


購入にあたって注意しなくてはいけないことは、Nexus5はmicroSIMカード!
標準SIMカードをお持ちの場合は、microSIMカードへ移行してなくてはなりません。
docomoでは、標準SIMカードからmicroSIMカードへの移行は有料になっており、SIMカード発行手数料は2,100円かかります。しかしながら、SIMカードをmicroSIMへ移行してしまうと、今まで利用していた標準SIMカードのスマートフォンが利用できなくなってしまいます。

私は、アマゾンで購入した激安マイクロSIMカッターで切断したSIMカードを利用しています。
価格は500円以下。おまけに標準SIMへの変換アダプター付きです。
仮に失敗したら2100円払えはSIMカードを再発行できるわけだし、
成功すれば500円で済むと考えて実際に試したところ、見事に成功しました。


以前に記事としておこしていますので、そちらを参考にして下さい。
安すぎて心配であれば、もう少し高価なSIMカードカッターを購入すると良いでしょう。

激安マイクロSIMカッターで標準SIMカードをmicroSIMカードサイズに裁断に成
http://www.tsurezure.org/2013/05/simsimmicrosim.html

Google Nexus 5 Android 4.4 はroot化できるの?


発売されて1週間も経過していないですが、root化が可能となりました。
私もnexus5到着後すぐに取得済。
root化に関しては、別の記事にて出来るだけ簡単に書き起こしましたので、
そちらを御覧ください。

とても簡単にデキる Google Nexus 5 Root化の方法・手順について
http://www.tsurezure.org/2013/11/google-nexus-5-root.html



保護フィルムやケースは発売されているの?


現在、公式のGooglePlayストアでは、純正ケースが2種類発売されていますが、
保護フィルムはまだ国内では出回ってません。
また、保護フィルムやケースを製造する国内のメーカーからもまだ発売されておりません。
イーモバイルから公式に発売されると、家電量販店の店頭に並ぶと思いますが、
それまでは待つ必要があるようです。
アマゾンでは、海外メーカーからの輸入品をいくつか取り扱っているようですが、
売り切れだらけなので、、、早く国内メーカーから出て欲しいですね。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...