最新記事

2013年11月10日

Nexus5やiPhoneなどの非ドコモ端末で、SPモードメール(@ docomo.ne.jp)リアルタイム受信を目指す方法①



SPモードメールをnexus5で受信するためには、GmailのPOP3設定を行います。
GmailのPOP3設定を行うことで、約1時間の周期でGmailのサーバがSPモードメールのサーバから
POP3通信によってメールを取得することができます。

しかし、リアルタイム性がなくなり、急な連絡に対応できなくなってしまいます。
最近では、LINEといったメッセンジャーアプリが大人気で、それを補うことは可能ですが、
例えば、LINEのIDを教えていない人からの急な連絡には対応できない場合があります。


今年度中にスマートフォンからIMAP受信に対応する予定らしいのですが
ドコモ予定は未定なので、仮に3月だったらまだ4ヶ月以上もある。
なげえよ。

POP3 Refresh for Gmailを使ってリアルタイム受信をする



POP3 Refresh for Gmail
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.greatbytes.pop3refresh

有料アプリになりますが、
Androidスマートフォンから定期的にGmailのPOP3のリフレッシュ信号を送り、
POP3の受信を定期的に行えるようにするアプリです。

POP3のリフレッシュ信号周期は、1分~設定可能ですので、ほぼリアルタイム受信が可能です。

前提条件として、GmailのPOP受信設定でSPモードメールを登録しておく必要があります。

参考:
ドコモのSPモードメール(@ docomo.ne.jp)がGmailやパソコンでも受信できるようになったゾ!!
http://www.tsurezure.org/2013/10/sp-docomonejpgmail.html

ただし、このアプリの問題点として、
1回のリフレッシュ信号を送信してPOP3をリフレッシュするためには、
200KBのデータ通信を必要とするようです(説明文内記載)。
これはちょっと多い気がします。

仮に5分に1度リフレッシュをかけるとすると、

1時間あたり、200K x 12= 2.4MBにもなります。
24時間だと、さらに 2.4 x 24 = 57.6MB!!

これはさすがに多い。格安SIMカードなら尚更ですね。
そして何よりも常にデータ通信をしている状態になりますのでバッテリーが…

でも、リアルタイムを追求するにはリフレッシュ期間をなるべく短くした方がいい…
悩ましいトレードオフ…。


そこで提案する方法は、、、Android 2台作戦

がんばって、解説図を作りました。イラレ欲しい><

Phone Aは、いつも持ち歩くスマートフォン
Phone Bは、アプリを使ってひたすらPOP3リフレッシュをかけるスマートフォン(もしくはタブレット)。

Phone Bは、ひたすらデータ通信を行うため自宅WIFIで接続する。そして、バッテリー切れにならないように充電器に刺したままにしておく。これで電池切れ無し。また、Phone Bは酷使される役割になりますので、昔使っていた古いスマホでもOKです。引き出しに閉まっているスマホにもう一度起こして火を入れましょう。

この方法の最大のメリットは、何と言っても母艦であるPhone Aからは不必要なデータ通信が発生しないということです。仮にSPモードメールのサーバにメールが到着した場合、Phone BのトリガによってメールはGmailへ取り込まれます。GmailからAndroidスマートフォンへは、同期設定をちゃんと行っていればプッシュで届きます。

つまり、母艦Phone Aは、無駄通信無しでメール受信遅延が少ないというイイトコどり。
リアルタイムとまではいかないものの、普段は約1時間周期のPOP3リフレッシュが劇的に短縮されるのでおすすめ。

さらにさらに、「Phone BがAndroidスマートフォンならOK」ということならば…!
iPhoneでもリアルタイム受信が可能です!!

ガラクタになってしまった中古のAndroidスマートフォンを知人から譲り受けるか
もしくはヤフオクで格安ゲットさえすれば可能です。

実際に動作検証も兼ねて、解説図のようなシステムを構築してアプリを導入してみたところ
見事に、短時間内では意図通りに動作しました。

実験機
Phone A: Google Nexus 5 w/ 3G&LTE 
Phone B: Galaxy Note SC-05D w/ WIFI & DC Charger@Home



素晴らしい。


まとめ


紹介した方法では、実証検証によってSPモードメールの準リアルタイム受信に成功した。
しかしながら、まだ長時間運用は行っていないので、追って報告します。
というのは、このPOP3リフレッシュアプリの動作が少し不安定なので気にかかってます。
アプリの☆評価もそんな感じです。

アプリの動作に一抹の不安はありますが、ほぼ完璧に意図した通りに運用できてます。
"ほぼ"というのは、リフレッシュ周期が15分と設定したにも関わらず3分~5分であること。
結果的には全く問題ない(寧ろプラス)ですが、アプリもしくはそれとSC-05Dとの相性が悪いようですね。
@2013/11/12

あとは、あまりにもリフレッシュを繰り返すと、GoogleからPOP3リフレッシュに対してアクセス制限を食らいそう。実際に、Googleはこの手のアプリ(GmailのLab機能)からの負荷を嫌って公開停止にした実績があります笑。とりあえず、15分周期で運用してみることにします。

アプリ製作できる方は、このアプリ機能をベースに安定性を向上させて日本向けにカスタマイズして作れば本当に一儲けできますよ。

以上、スマホがもう一台あれば、SPモードメールを擬似プッシュできる方法でした。
ちなみに、GoogleAppsを利用した独自ドメインでも可能でした!

次記事: 
Nexus5やiPhoneなどの非ドコモ端末で、SPモードメールのリアルタイム受信を目指す方法②
http://www.tsurezure.org/2013/11/nexus5iphonesp-docomonejp.html

VPSを利用したリアルタイム受信方法です
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...