最新記事

2014年8月2日

Google Nexus 5のバッテリー交換をしてみた。



お久しぶりです。長らく寝てました笑。
さて、今日はnexus5のバッテリー交換です。

昨年の夏秋に発売されたGoogle nexus 5が約1年になるのでバッテリー交換にチャレンジしてみました。日本語のブログで交換した人がいるのか軽くググってみたところ、アクセス稼ぎの外部リンクだけ貼り付けた中身無しブログばかりで、実際にやった人を見つけきれなかったので、人柱覚悟でやってみました。バッテリー交換のやり方は、分解屋iFixitが動画でわかりやすくnexus5の分解手順を公開しているのでそれを見ればよいとして、まずは交換バッテリー探し。

nexus5は、もともとバッテリー取り外しができないスマホなので、バッテリーを入手することが難しい。そもそも日本で売ってないんだとか。
カバーを気合で取り外してみて分かったんだけど、ネットワークをはじめNFC、ワイヤレス充電などのアンテナ類がカバーにも実装されているので、下調べもなくテキトーにやると、それらが死ぬ作りになってます。そして、バッテリーにも小さな基板が付いているので注意が必要です。まあ、そういうこともあって簡単にカバーを開けられなくなっているようです。最近のスマホはどれもそんな感じなのでしょう。


さて、
実際に、モノを揃えてバッテリー交換をやってみたところ、一部苦戦したものの、意外とあっさりできてしまったので簡単に紹介します。


やるなら自己責任でね。



nexus5 BL-T9バッテリー交換


nexus5交換バッテリー BL-T9(LG製) 用意


nexus5のバッテリーの型番は「BL-T9」です。このバッテリーをどうにかして入手する必要があります。ヤフオクで検索してみたけど無し。でもたまにヤフオクや楽天オークションで出品されているとか。もちろんぼったくり価格ですけどね。

日本で売ってないのなら海外で!ってことで、生まれて初めてebayでBL-T9バッテリーを購入しました。(Google検索で真っ先にヒットしたので)

そうそう、今までは航空法で高密度バッテリー類の輸出入が禁止されてたんだけど、昨年くらいに改正されてOKになったらしいです。なので注文すれば1週間程度で日本の自宅に到着しますよ。

ということでebayで注文。


http://www.ebay.com/itm/100-New-Genuine-Battery-for-LG-LG-BL-T9-nexus-5-D821-BL-T9-/251389139948?pt=US_Cell_Phone_PDA_Batteries&hash=item3a87f5dbec 
 ebay BL-T9検索結果
これを購入。

バッテリーの値段ですが、日本までの送料込みで2000円程度でした。
つか、ebayって便利じゃん!!アマゾン感覚で買えるし、ちょっと感動。



注文後10日以内でシンガポールから到着。
ちなみに、日本国内での配達業者は日本郵便です。




クッション付きのエアメールで到着。


nexus5 バッテリー交換に挑戦


封筒開封




何重ものプチプチを開けると、お待ちかねのバッテリーがありました。
Greetings From China
ってなんだよ!笑。まあ、シンガポールは華人の国だしな…。

ちなみに、このバッテリーはシリアルナンバーも入っており本物そうですが、
実際のところはわかりません。自己責任ですので。


nexus5の背面カバーをこじ開ける




開け方の詳細については、下で紹介する動画、そしてiFixitの動画とブログを参考に行いました。
したがって、ここで詳細の解説はしません。動画なので、英語が分からない人も見よう見真似でできると思います。



ヘラみたいなものは持ってなかったので、小型精密マイナスドライバーで代用しました。

カバーを開ける作業が一番手間取りました。スピーカー側の余白にスペースに両面テープが貼られているため、初めて開けるときは、それが邪魔してなかなか手ごわいです。あとは全周にまんべんなくハマっているツメも。




最初、イヤホンジャックにドライバーを入れて上側を浮かせた後、電源ボタン側の方から開けていきました。この作業は慎重に勧めることをオススメします。

開いた!!


カバーの下側の方に、黒い保護両面テープが見えるでしょ?
こいつがしっかりくっついています。
あと、マイナスドライバーで雑把にこじ開けたので、エッジに多少傷を付けてしまいました。
バッテリー交換に挑戦する方は十分ケアしながら作業してください。

本体側の小カバー取り外し




こいつも厄介です。
何が厄介だったかというとなんとY型の特殊精密ドライバーが必要なのです!

そんなの持ってねーよ!

ということで、近くのホームセンターに急遽行き、Y型のドライバーを購入。
Y型のドライバーですが、ググってみたところ小さなホームセンターなどは売ってないようなので注意が必要です。面倒くさい方は、アマゾンとかでバッテリー到着前までに購入しておくとよいでしょう。その方が確実。





ちなみに買ったのは上のY型精密ドライバーです。
まあそんなに高くないので1つ持っておいてもよいでしょう。


作業は簡単。動画の通りにやってください。




やっとここまで来た。
あとは、コネクタ2箇所を外して、バッテリー交換です。

バッテリー交換




やっとバッテリーを外しました。
ここでも実はちょっと手間取りました。

バッテリーがハマっていたところを見ると、黒い四角の枠っぽいのが見えます。
実は、これ両面テープなんですよね。
ということで、マイナスドライバーをバッテリーの下に入れて、ゴリゴリ浮かせて取る必要があります。

nexus5に付いていたバッテリーですが、製造元がLGE Japanのラベルになっていた。


さあバッテリー交換です。



交換用のバッテリーを装着したら、動画の逆手順で戻していきます。

2本の大きなコネクタケーブルの他に、バッテリーの両脇にも導線があります。
実際に何の導線かは分かりませんが、この導線が作業中にはずれているかもしれませんので、確認した方が良いです。導線が外れていたら、しっかり押し込んで基板と接続してください。


最後はカバーをしっかり閉めて終わり。

起動チェック



通電チェックも、USB・ワイヤレス充電チェックも終わり。
カバーを開ける時に付けてしまった傷も目立たない程度で良かった。
以上、お疲れ様でした。

あとは爆発しないことを祈る。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Android スマートフォン関連

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...